子育て笑い話

長男(うしゃお)と長女(うしゃこ)の二人を育児中の主婦です。子育て中のお悩み解決×おうち英語の情報を綴っていきます

【子ども将棋大会】イオンモール杯争奪2019に行ってきました

毎年行われているイオンモール杯争奪こども将棋王決定戦。

去年までは出たことなかったんですが、今年は初参戦してみました。

全国各地で大会は行われていますが、うしゃおくんはイオンモール多摩平の森で対局してきました。

今回はそんな将棋大会の様子をレポしていきたいと思います。

 

 

受付開始

イオンがあくのが10時なので10時ぴったりについたんですが、それでも受付にずらーっと並ぶ人人人!

みんなどれだけ早く来てるんだろう(^_^;)

とはいえ、受付自体は大して時間がかかるわけでもないので、比較的スムーズに入れました。

イオンモール杯は抽選式なので、申し込んで当選すると当選メールがきます。

受付ではこのメールを確認するので、当日にスマホは必須です。

別にプリントアウトしてもいいんでしょうが、みなさんスマホを見せて受付していました。

メールでは名前とエントリーコースを確認されるくらいです。

棋王決定戦の予選にエントリーしている子と交流戦にエントリーしている子がいるので、それぞれによって席がわかれます。

ちなみにうしゃおくんは交流戦の低学年コース。

 で、会場はこんな感じ。


f:id:ushasha77:20190821093908j:image

 

長テーブルで3組が対局できるようになっています。

けっこうせまいけど、大会なんてみんなこんなもんですよね。

始まるまでにはだいぶ時間があるので受付時間内なら遅く来てもいいとは思うんですが、あまり遅く来ると親の居場所がなくなります。

いい場所で見学したいなら早めに場所取りしといたほうがよさそうです。

・・・と思ったのですが、会場がせまいので始まる前に親はおいだされました(^_^;)

 

また詰め将棋に挑戦コーナーというのがあり、詰め将棋を解いて応募すると景品があたるようです。

こういうイベントもあったりするので、待ち時間は苦痛ですが早目に行くに越したことはなさそうです。

 

午前中は一局で終了

大会が始まるのがすでに11時頃なので、午前中は一局だけした。

一局目、早い子たちは本当にさっさと終わります。

うしゃおくんは長考派なんで、終わるまでに40分くらいかかってたかな?

惜しくも負けましたが、だいぶ粘りました。

で、一局終わるとお昼休憩になります。

イオンモールの中なので食べるところに苦労はしません。

運よく通りかかった席があいたので、フードコートでお昼を食べて次にそなえます。

 

午後の対局

午後は勝手に会場まで行かせて私はのんびりフードコートでおやつを食べてたんですが、しばらくして様子を見に行ったらもう普通に親も中に入って見学してました。

そしてなんだかわちゃわちゃとカオス状態。

交流戦クラスはもう終わったら次、終わったら次というように次々と対戦していました。

うしゃおくんもすでに30分で3局終わってる様子。

最初の長考はなんだった。

5局ほど指したところで「あとは自由対局だってー」とウロウロと対局相手を探すうしゃおくん。

その頃にはさっさと帰っている子もいたりまだ対局している子もいたり、なんだかもうよくわからない状態(^^;)

交流戦の決勝戦はあいている席でみんながざわざわしている中始まり、誰の注目をあびるでもなくさっさと終わっていました。

 

対局終了後は抽選会

だいたいみんな終わったな、という頃になるとスタッフさんたちが駒や盤を片付け始めます。

そして前のほうにイスを集めて、そこで詰将棋に挑戦コーナーの答え合わせと抽選会。

抽選に当たった人はプロ棋士のサインとかもらえてました。

一応答えがあたっているかどうかは確認されるみたいなので、適当に書いて出すのはやめましょう。

こういうのでは滅多に当たったことのないうしゃおくん、今回も当たることはなく残念そうでした。

抽選会が終わると、あとは将棋王決定戦のほうへエントリーしている子たちの決勝戦がはじまるのですが、それは見ずに帰ってきました。

 

大会を終えた感想

今回の大会は会場もたいして広いわけでもなく、また「首都圏ブロック」というのが今年初めてだったこともあるのか、なんというかわちゃわちゃした大会でした(笑)

低学年の子供たち、みんなわいわいしゃべりながら対局したり、とにかく会場はにぎやかでしたね。

まあ、うしゃおくんもなんだか楽しく指していたようなのでいいんですが。

結果はちょっとボロボロでしたが(^^;)

低学年の交流クラスだと初段以上の子はそうそういないようですが、1級くらいの子なら出場しているので、低級者だと歯がたちません。

まあ、強い子にあたるかどうかはもう運次第なので、負けたとしてもそんな気にすることもないでしょう。

 

ちなみにこの大会では全員に参加賞が配られるのですが、なぜか3月のライオンのグッズがもらえました。

お皿と何に使うかよくわからないラバーの鍋敷きみたいなのとクリップ。


f:id:ushasha77:20190821093930j:image

 

参加料金が無料なわりに参加賞としては結構豪華でした。

さすがイオン、お金がありますね。

東急の将棋大会の参加賞なんかペラッペラの小さなトートバック?みたいなのでしたしね(笑)

他の将棋大会もだいたいボールペンとかそんなような感じなんですけどね。

 

以上、子ども将棋大会イオンモール杯の体験レポでした。

小さい子は負けて大泣きしている子もいて、なんだか微笑ましくなりました。

うちのうしゃおくんのように対戦相手と仲良く友達になってぺちゃくちゃしゃべりまくってる子もいたり、比較的アットホームな大会でした。

他の会場ではどうだかわかりませんが、この多摩平の森会場では初めての子でもそんなに緊張せずに指せるんじゃないかなー、という感じでした。

最初の一局目だけは親が追い出されるのでちょっと緊張しちゃうかもしれませんけどね。

とりあえずうしゃおくんは大いに楽しんでこれたようで、よかったよかった。

来年は高学年クラスになっちゃうけど、今年よりも勝てればいいなー、なんて思ってます。