子育て笑い話

長男(うしゃお)と長女(うしゃこ)の二人を育児中の主婦です。子育て中のお悩み解決×おうち英語の情報を綴っていきます

台風で鴨川シーワールドへ行けなくなった話

今週末、旦那くんがやっと遅い夏休みをもらったので、家族で鴨川シーワールドへと旅行へ行く予定でした。

旅行なんて滅多に行かない我が家。

久しぶりの旅行にウキウキしていたわけですが、そこへやってきたのが台風15号です。

かつてない勢力で関東を直撃しました。

最初は「旅行の日に当たらなくてよかったね」なんてのんきなことを言っていたのですが、そんなことも言ってられない事態になってきました。

 

 

1日休んだだけで営業開始した鴨シー

この台風で鴨川シーワールドは大丈夫なのかと思いHPを見ると、1日休園しただけで営業を再開した様子。

そして泊まる予定だった鴨川シーワールドホテルも点検作業で2日ほど営業停止したようですが、それからすぐに営業再開したようです。

その情報を見て「良かった、行けそうだな」なんて気楽に考えていた私。

台風が過ぎ去った後の千葉県の報道があまりにも少なかったので、どの程度の被害が出ているのかはっきり言って全然知らなかったんです。

 

全面運休の外房線

私が千葉県の台風被害の実情を知ったのはその後、内房線の運休を知ったところから始まります。

旅行に行くために電車の時間を調べようとしたのですが、外房線が全面運休していることをここでようやく知りました。

外房線だけじゃありません。房総地域の主要線路はみんな運休です。

あれ?これはヤバイのでは?と思ってツイッターを見て、ようやく台風被害の実情を知りました。

 

ほとんど報道されない地方の台風被害

ツイッターを見るとそこには本当にひどい台風被害の写真やつぶやきが投稿されていました。

特に写真には衝撃を受けました。

家が倒壊していたり、道路の電柱がすべて折れて倒れていたり、思っていた以上の被害です。

ツイッターでも本当に困っている人たちのつぶやきがたくさんありました。

それなのに報道では成田の帰宅困難と停電がニュースになっているくらいで、それ以外の被害はほぼ報道されていません。

なんでなんでしょう。

そういえば私の田舎が大雪で陸の孤島になった時も、ほとんど報道なんかされなかったな、と思い出しました。

その時はライフラインがとまったわけではなかったので、1週間ほど閉じ込められても「米と味噌があるから大丈夫よ」と母は言ってましたが、今回はライフラインも止まった上での陸の孤島です。

もっと報道すべきなのでは?と思います。

 

無料キャンセルしてくれた鴨川シーワールドホテル

これはとてもじゃないが遊びになんか行ってる場合じゃないじゃん、と旦那くんと話し合い、今回はキャンセルをすることにしました。

しかしそこで問題なのがキャンセル料。

すでに旅行の2日前なので本当なら50%のキャンセル料が発生します。

そこでホテル側に聞いてみたところ、現在ライフラインもとまってしまって電車も運休状態のため、13日の予約分までは無料でキャンセルを受け付けているということでした。

ありがたい!!

仕方ないこととはいえ、こちらの都合でもないのに何万もキャンセル料を払うのは正直つらいと思っていたところなので、本当にホテル側の対応には助かりました。

とても丁寧な対応をしていただいて、ぜひまた伺いたいな、と思いました。

そして1日も早くライフラインが復旧することを祈っています。