子育て笑い話

長男(うしゃお)と長女(うしゃこ)の二人を育児中の主婦です。子育てのことや好きなドラマの話題など綴っていきます

結局子供の病気のほとんどに抗生剤はいらないのか?|子供の一番の主治医は母親だと実感した話

先日娘のうしゃこちゃんが一週間ほど体調を崩しました。

もう色々と病状が変化して、一体なんの病気なのかさっぱりわからない状態が続きました。

そして病院からは色々と出される薬。

しかし、結局は薬はいっさい飲まずに完治しました。

もちろん普段はちゃんと薬を飲ませますが、今回に限っては「この薬いる?」と思うようなことがあり、娘の状態を見ながら判断したのですが・・・。

結局抗生剤はいらないんじゃないかな?と思うようなことがあったので、その話を書いていきたいと思います。

 

 

中耳炎で抗生剤を飲み続けていた娘

 

うしゃこちゃん、一度中耳炎にかかって数か月かかってようやく完治したのですが、また半年もしないうちに再発(;-;)

ずっと抗生剤を飲んでいました。

前回も抗生剤を飲み続けて治したので、特に抵抗感もなく飲ませていました。

 

 

www.cutepink.work

 

しかしなかなか良くならず、今までに飲んだことのない強い抗生剤が出されました。

飲み始めてからしばらくして、うしゃこちゃんのお腹がだんだんゆるくなってきました。

抗生剤の副作用だろうとあまり気にしていなかったのですが、だいぶひどくなってきたので、とりあえず飲むのを中断。

病院で相談しました。

 

すると先生は「ゆるいぐらいなら頑張って飲んでね。まずは耳を治したいから」と言って、とりあえず今まで飲んだことのある弱い抗生剤に変えてくれました。

薬剤師さんにも相談すると、「あまりひどいようなら飲むのは中断してくださいね。とりあえず今日の昼はやめて、夜からにしておきましょう」と言われました。

うーん・・・結局は親の判断次第ってこと?

ひとまずは薬剤師さんの言った通り夜から飲ませようとしていたんですが、病院から帰ったその日の夜、いきなり嘔吐。

昼に食べたものも全然消化されておらず、すべて戻しました。

 ええええ!?抗生剤の副作用じゃなかったの!?とかなり焦りましたよ。

そして下痢も悪化し、もうすでに水状態。

しかしもう時間も時間だったので、その日は様子見で寝かせました。

 

病状はジェットコースター

 

次の日、なんだかケロっとしているうしゃこちゃん。

ご飯はゼリーとおかゆだけにして様子を見ていましたが、吐くことはありませんでした。

ただ、下痢は相変わらずの水状。

でも元気だったので病院には行かずに休ませました。

そして次の日もだいぶ元気。

ご飯は相変わらずおかゆでしたが、それ以外は普通に元気でした。

お通じがなかったのでお腹の調子はわからなかったのですが、これなら週明けには幼稚園に行けるかな、というような感じでした。

 

が、次の日の朝。

起きるなり「のどがかわいた」とお茶を飲みたがるうしゃこちゃん。

その様子がどうもおかしい。

ぐったりとして元気がなく、目がうつろ。

そして腫れている上唇と二重のまぶた!(これ重要)

実はうしゃこちゃん、具合が悪くなると目が二重になるという特徴があります。

おそらく私にしかわからないと思うのですが、私は見るとすぐにわかります。

今までも片目だけくっきりと二重になっていたのですが、その日は両目が完全二重。

かなり悪い状態です。

小さい頃の私も具合が悪くなると二重になっていたようで、変なところが遺伝するものだと思ったものですが。

それはともかく、もうひとつの特徴である上唇の腫れ。

実は以前にも一度上唇がすごい腫れたことがあるんです。

その時も同じようにぐったりとしてしまい、一体なんの病気かと調べまくったのですが、たまたま家にあったウィダーインゼリーを飲ませたところ、見る見る間に元気を取り戻し、腫れもひきました。

どうやら脱水症状だったようです。

そんなわけで、うしゃこちゃんの唇の腫れ=脱水状態だと私は把握しています。

 

すでに同じような経験をしているため、この時は特に焦ることなくうしゃこちゃんにまたウィダーを飲ませたのですが・・・。

今回はウィダーを飲んだとたんに吐いてしまい、さっき飲んだ麦茶すら全部吐いてしまいました。

水分まで吐いてしまうのはヤバいと思い、休日診療へ。

そこでは抗生剤の副作用かもしれない下痢が続いていることと、嘔吐が数回あったことを話したのですが、急性の胃腸炎かな?ということで終わりました。

そして脱水症状は見られない、ということだったんですが・・・。

絶対脱水!それだけは確か!!

本当はORSを点滴してほしかったのですが、医者が脱水じゃないと言っているのでそれもかなわず。

なんだかやたらと薬だけもらって帰ってきました。

 

薬はいらない!母親の判断

 

休日診療でもらった薬は、またまた抗生剤。

あとは吐き気止めと痰きりの薬となぜか咳止め。

・・・いらなくない!?なんなの、この薬漬け!

吐き気止めはまあいいとして、抗生剤の副作用かもしれないって言ってるのに、どうしてまた抗生剤!?

いや、そりゃ細菌性の胃腸炎だったら抗生剤必要だろうけど、そんな検査もしてないし、絶対「とりあえず」で処方してるでしょ、これ。

もしノロとかの胃腸炎であっても抗生剤は必要ないはずです。

治すのは対処療法のみなはず。

そのため、私はひたすら水分補給だけをこころがけて、ORSを買ってこまめにうしゃこちゃんに与え続けました。

薬は全部拒否!

耳鼻科でもらったものも小児科でもらったものも全部飲ませず、様子見をすることに決めました。

そして、この時点ですでに12時間近くおしっこが出てないので、脱水をだいぶ心配していました。

が、夜ようやくおしっこが出たんです!!

ひと安心~~~。

そして唇の腫れもだいぶひき、脱水はひとまずなくなったと感じました。

ただこの日は一日中ぐったりしていて、ほぼ寝ている状態でした。

 

急激な回復

 

さて翌日、超元気なうしゃこちゃん。

昨日のアレはなんだったんだ!?

ただ下痢だけはよくならず、まだまだ水状態。

 

次の日も元気に過ごすうしゃこちゃん。

でもトイレだけは何回も駆け込むので、水分補給だけはこまめにしていました。

で、この日は耳鼻科だったんですが、水はだいぶ抜けている様子。

薬はいっさい飲ませていないので、やっぱり中耳炎も自然治癒でいいんじゃない?なんて思ったものですが。

まあ、途中までは薬を飲んでいたので本当のところはどうだかわからないのですが。

一応薬はもらいましたが、まだまだ下痢がひどいので今回も抗生剤は飲ませませんでした。

 

もしかしてリンゴ病!?

 

こんな感じで元気になったうしゃこちゃんなんですが、夜いきなり上腕部に赤い斑の発疹が!?

なんじゃこりゃ!?

もうやめて~~~って感じで泣きそうでしたよ。

その発疹は時間とともに落ち着いてきたのでとりあえず放置していたのですが。

次の日、なんかうしゃこちゃんのほっぺが真っ赤で腫れてる!?

えーと、これはもしかして、リンゴ病ですか・・・?

調べてみると、リンゴ病は症状が出た時にはすでに感染力もなく、自然に治っていくということなので放っておきましたが。

もう、一体何が原因で下痢が続いているのかさっぱりわからない!!

抗生剤の副作用?胃腸炎リンゴ病

もうなんでもいいから早く治って~~~!と祈るばかりです。

 

ようやく完治!

 

そして数日後。

ようやくお腹が治りました~~~~!

なんか、ものすごく長かった・・・。

その後に行った耳鼻科でも耳はキレイに治っていました。

下痢になってからはいっさい薬を飲ませずにきたので、結局すべての症状は自然治癒で治しました。

やっぱり抗生剤、そんなに飲まなくていいのでは・・・と感じた出来事でした。

 

とは言え、いつもは医者から処方された薬はちゃんと飲ませています。

しかし今回に限って言えば、あまりにも色々と病状が変わったので、病院で説明するにもなかなかわかってもらえない状態でした。

そして今までの経験から、これは脱水が原因だとわかったこともあり、薬に頼ることなく治すことができました。

別に「絶対に抗生剤は必要ない!」とは言いません。

私は医者ではないので、そんなことはわかりません。

ただ、やっぱり自分の子供の状態は母親が一番わかるのではないか、と思うのです。

毎日毎日ずーっと見ているので、この状態は大丈夫、この状態はちょっと危ない、ということが誰よりもわかるんですよね。

これが「子供の一番の主治医は母親だ」言われる所以なんだな、と思いました。

 

さて、うしゃこちゃん。

ようやく元気になったのにまた鼻水ズルズル・・・。

お願いだから、もう中耳炎にはならないでね!!