子育て笑い話

長男(うしゃお)と長女(うしゃこ)の二人を育児中の主婦です。子育て中のお悩み解決×おうち英語の情報を綴っていきます

【まだ結婚できない男】第10話 ネタバレ・あらすじ・感想

まだ結婚できない男 第10話のネタバレ・あらすじ・感想です。

 

ついに最終回です!

前回はようやく有希江さんが桑野さんといい感じ?になったと思ったら、もう最終回って。

やっぱりあと数話は必要ですよね~。

最終回の見どころは、桑野さんとまどかさんの恋の行方でしょう。

さて、二人はうまくいくのでしょうか!?

 

 

では、まだ結婚できない男 第10話のあらすじや感想をまとめていきます。

 

その他のあらすじはこちら

第1話 第2話 第3話 第4話  第5話 第6話  第7話  第8話 第9話

 

 

主なキャスト

 

桑野信介(阿部寛)・・・一級建築士

村上英治(塚本高史)・・・信介の共同経営者

吉山まどか(吉田羊)・・・弁護士

岡野有希江(稲盛いずみ)・・・カフェの雇われ店長

戸波早紀(深川麻衣)・・・信介の隣人

桑野育代(草笛光子)・・・信介の母

中川圭子(三浦理恵子)・・・信介の妹

中川良雄(尾美としのり)・・・圭子の夫

中川ゆみ(平祐奈)・・・信介の姪

横田詩織(奈緒)・・・建築事務所アシスタント

丸山裕太(荒井敦史)・・・建築事務所アシスタント

沢村映子(阿南敦子)・・・建築事務所経理

森山桜子(咲妃みゆ)・・・住宅プロデュース会社

棟梁(不和万作)・・・大工の棟梁

山下香織(小野寺ずる)・・・まどかのアシスタント

太田留美(美音)・・・カフェの店員

 

まだ結婚できない男 第10話のあらすじ

 

裁判所で言い争う信介とまどか

 

信介が設計しようとしている家の依頼主である木村は、土地の権利を争って妻と裁判を起こすことになった。

信介は木村と担当弁護士との打ち合わせの際、証人として立ってもらいたいと言われ、それを引き受ける。

 

信介が承認を引き受けた話はみんなに広がっていた。

裁判前日、有希江のカフェで信介はまどかと遭遇する。

相変わらず言い合いをするまどかと信介を見て、有希江は意味ありげにほほ笑んだ。

 

信介が裁判所へ行くと、英治や桜子、早紀や有希江など野次馬が次々と集まってきた。

そしてついに信介の証人尋問の時がきた。

まどかに本当に木村は一人で住むのか、と訊かれ、信介は設計した家が一人用であることを力説する。

それは一人で暮らすために快適で、木村の趣味の鉄道の模型を家中に走らせることができる家だった。

鉄道模型が趣味だという話を聞いたことがないと言うまどかに、木村は妻のために我慢していたと言った。

一人で暮らしたい人間もいるという信介と、誰かと暮らしたいという感情は当たり前だと言うまどかはぶつかり合い、まどかはついつい感情的になってしまった。

 

信介が設計した二人で暮らす家

 

落とし物を拾ってくれた工藤と仲良くなった早紀は、工藤と映画を観に行くためにタツオとオモチを信介に預ける。

タツオとオモチが見守る中、信介は木村の家の設計を変え始めた。

 

一方まどかは長野の実家へ帰る相談を有希江にしていた。

有希江は信介に相談してみろと言うが、まどかは気乗りしない様子だった。

そんなまどかに、自分が信介といい感じなのは自分が信介に合わせているだけで、本当は面倒なんだと言う。

そしてこの前の食事が楽しかったというのも、まどかをたきつけるための嘘だと言った。

信介と本当に言い合えるのはあなただけだと言われ、戸惑うまどか。

 

そんな中、信介がまどかの事務所を訪れる。

そこで信介は新たに描いた設計図をまどかに見せた。

それは木村と妻が二人で住めるようにと設計した家だった。

そして、まどかから木村夫婦に提案してほしいと頼むのだった。

 

後日、有希江のカフェで落ち合った信介とまどか。

そこで信介はまどかから、木村夫婦が離婚をやめてまた一緒に暮らしなおすことを決めたと伝えられた。

そして、まどかは長野へ帰るとを決めたことを信介に告げる。

信介は引き止めることもなく、そのままカフェを出ていってしまった。

 

まどかの長野行きを引き止める信介

 

その後、コンビニでばったり出会う信介とまどか。

いつ長野へ帰るのかとまどかへ訊くと、まだわからないという答えだった。

替えるかどうかまだ迷っている様子のまどかは、「誰かに行かないでほしいと言われたら・・・」と意味ありげに信介に言ったのだった。

 

一度長野へ帰ったまどかだったが、東京へ戻ると信介に電話で呼び出された。

そこで信介は、長野へ帰るより東京にいたほうがいいのではないかと語る。

そして、長野へ行くのはやめたほうがいい、あなたがいないとつまらないし寂しくなると、本心を伝えた。

それを聞いたまどかは嬉しさのあまり泣いてしまう。

そこまで言うのであれば帰るのをやめると言い、信介と二人で笑い合うまどか。

しかしせっかくのいい雰囲気だったのに、信介にリハーサルはうまくいったから次は本番で、と言われ、まどかは怒りだして帰ってしまった。

 

しばらくケンカが続いていた信介とまどかだったが、コンビニでばったり出会い、いい加減仲直りしようと言ってケンカをやめた。

二人でベンチでお菓子を食べていると、信介はまどかを映画に誘った。

そこでまどかは「桑野さんの解説つきですか?」と言い、信介は「あなたがどうしてもと言うなら」と返し、二人仲良く映画館へと向かうのだった。

 

まだ結婚できない男 第10話の感想

 

「桑野さん、今度こそお幸せに」のテロップになんだかほっこりしてしまいました。

本当に、今度こそそのまま結婚できるといいですね~。

 

さて、最終回ですが、多少駆け足は否めませんでしたね。

10話しかないんで、仕方ないと言えば仕方ないんですが。

有希江さんなんか前回ようやく言い感じになったのに、何もないままあっさりとまどかさんに譲っちゃうし。

早紀なんかはもはや恋愛に何もからんでこないし(^^;)

やっぱり前シーズンがいいわー、と言っちゃえばそこまでなんですが、今回は今回でまた桑野さんの偏屈ぶりが楽しめました。

最後、まどかさんに長野へ行かないでほしいとうったえる姿は、見てるこっちもジーンとしました。

が、じゃあ次本番で、とか言われたらそりゃ怒りますわ(笑)

せっかくのいい雰囲気ぶち壊しです!

でもそこが桑野さんなんですよね。

 

最終的にまどかさんとくっついた桑野さん、ケンカしながらもお幸せに(^^)

 

 

前作を一気に観たいならAmazon プライムビデオが便利!! 

30日無料トライアルに申し込む

 

【PR】

見逃し配信はこちら 一か月無料トライアルで最新話をチェック!