子育て笑い話

長男(うしゃお)と長女(うしゃこ)の二人を育児中の主婦です。子育てのことや好きなドラマの話題など綴っていきます

大河ドラマ【麒麟がくる】第20話の感想

麒麟がくる】第20話の感想や口コミをまとめます。

 

越前へ落ち延びて辛抱の日々を過ごす光秀。

でも今川と織田はだんだんと戦モードに入ってきましたね。

そろそろ衝突するか!?の緊迫の20話の感想にまいります。

 

早く復活してほしい!

 

越前ですっかり先生として落ち着いている光秀。

光秀くんの先生姿はとても素敵で「私も教わりたいわ!」なんて思うんですが。

とにかくあの落ちぶれた姿が見ていて辛い!!

質素な着物にボサボサの髪。

ああ、早くあのキリっとしたお姿が見たいよ~~~!!

そしてようやく仕官できるか!?と思ったら主はまさかの蹴鞠。。。

ブチ切れる気持ちはよくわかる(^^;)

しかし、そのまま終わりまで突撃するとは、意外と激情型なんですねぇ。

というか、我慢に我慢を重ねてついに爆発した、という感じでしょうか?

色々と振り回される左馬之助が少し気の毒になった回でした(^^;)

 

 

まるで道山に仕えていた時の十兵衛を見ているようでしたね。

家臣は結局主に似るのか・・・(笑)

 

家康、可愛い・・・vv

 

今回の家康は風間くん。

なんだろう、あの笑顔にズキュンです(笑)

子役時代はのぞき、今までで一番可愛い家康ではないでしょうか。

しかし家康の不憫な生い立ちとかがよく描かれていて、なんだかとても感情移入してしまいます。

最後のお大の方さまからの手紙に泣く家康には、こちらも思わずもらい泣き(;_;)

 

 

この表情・・・もう、切ない!!

今回の戦国武将たちはみんな人間味にあふれているというか、内面までとても細やかに描かれていてとても良いです。

みんな弱い面があって、それでも前に進んでいく強さがあって。

戦国武将たちがとても身近に感じます。

 

少しずつ才覚を見せ始める光秀

 

光秀は帰蝶に手紙を送り、その手紙のアドバイス通りに動く帰蝶と信長。

帰蝶は誰から教わったとは言わなかったけど、信長は十兵衛の入れ知恵だと気づいていたみたいですね。

なかなか今は出番の少ない光秀ですが、こうして少しずつ信長に認められていくのでしょうか?

というか、信長にはとっくに認められている気もしますが・・・。

今は我慢の時なので仕方ないんですが、早く織田家で活躍する光秀が見たいです。

しかし帰蝶、活躍しすぎでは!?

すでにもう軍師の域に達してますよ(^^;)

 

 

もう少し・・・もう少し信長を活躍させてあげてもいいのでは!?などと思ってしまったりするのですが。。。

まあ、この夫婦は見ていて可愛いからそれはそれでいいんですけどね(いいんかい)

 

まとめ

 

今回は家康の笑顔と涙にやられまくった45分でした。

なんだろう、とても応援したくなる家康くん。

次回の活躍も楽しみです。

そしてなかなか出番のこない光秀くん、次回もまだまだ活躍はできなさそうです。。。

しかし次回はついにきましたの桶狭間

10歳の息子も知っている有名な戦いです。

ついに愛之助さんもこれで見納めですね。。。

今回の桶狭間はどんな描かれ方をするのか、今から楽しみです。