子育て笑い話

長男(うしゃお)と長女(うしゃこ)の二人を育児中の主婦です。子育て中のお悩み解決×おうち英語の情報を綴っていきます

【感想レポ】しまじろう英語コンサート 2019 夏公演に行った感想

f:id:ushasha77:20190902181405j:image

 

毎年夏と冬の2回行われるしまじろうの英語コンサート。

我が家はすでに4回くらい行ってますが、何回行ってもやっぱり生のコンサートはいいですね。

今回はしまじろうの英語コンサートにまだ行ったことのない人や、これから行く人のために、コンサートの内容や雰囲気などをまとめていきたいと思います。

 

 

チケットは取りやすいか?

まずはじめにしまじろうコンサートに行こうと思ったらチケットを取ることが先決です。

このチケットは抽選式なので、早く申し込めばいいというわけではなく、完全に運まかせです。

よく「しまじろうチケットがとれない!」という声も聞くのですが、我が家は一度も抽選に落ちたことがありません。

その理由として、英語先行会員で申し込んでるからかな?という気がします。

チケットを申し込む日程は一番早いのがワールドワイドキッズかしまじろうイングリッシュを受講している英語会員、次が普通のこどもチャレンジを受講している一般会員、そして最後が会員以外の人たち、という順になっています。

そんなわけで、英語会員がいちばん有利なのは間違いありません。

席も結構前のほうがとれますしね。

会員でない人たちはなかなかチケットがとれないのかもしれませんね。

 

2019 夏公演の内容

今年の夏の英語コンサートは「サマーフェスティバル」というテーマでした。

サマーフェスティバルのコンサートに出ることになったしまじろうたちが、アンディに案内されながら「ゲーム」「フード」「どうぶつ」のエリアをコンサートの時間まで楽しむ、というストーリーです。


f:id:ushasha77:20190902181429j:image

 

一番最初に紙でできたタンバリンをもらえるので、これを使って一緒に楽しみます。


f:id:ushasha77:20190902181444j:image

 

そして最後はコンサート、みんなで歌って踊ってフィナーレです。

コンサートで出てくる曲は以下の13曲。

 

Hello!

Head,Shoulder,Knees and Toes

Walking,Walking

If You're Happy and You Know It

This is the Way

Seven Steps

BINGO

Open,Shut Them

Rock, Scissrs,Paper

Old McDonald Had aFarm

Then Little Pigs

The Alphabet Song

Everyone Is Special

Twinkle,Twinkle,Little Star

 

英語会員ならおなじみの曲ばかりですね。

英語会員でない人は、あらかじめyoutubeなどで曲を聞いておくと「あ、知ってる!」と子供もさらに盛り上がれますよ。

有名な曲ばかりなので、ベネッセ以外の動画にも同じ曲がたくさんあります。

またしまじろうイングリッシュのお試しDVDの動画もyoutubeで公開されているので、そういったものを観ておいてもいいかもしれません。

 

そしてアンコールでは特別ダンスステージ。

こちらは撮影オッケーの特別ステージです。


f:id:ushasha77:20190902182014j:image

 

でも写真はオッケーですが、動画はNGですよ。

さて、その特別ステージで流れるのがこの2曲。

 

Happy Party

Our World Is Paradise

 

こちらも英語会員ならおなじみの曲ですが、それ以外の人だとなかなかなじみがないかも。

2曲目のOur Wopld Paradiseはこどもチャレンジ会員にもおなじみ「パッパヤッパパラダイス、ぼくらは~」の英語バージョンとなっております。

 

会場の雰囲気

小さい子供たちがメインのコンサートですから、会場は常にザワザワしています。

コンサートが始まるとまずはNancy(歌のお姉さん)とBeepyが登場。

まずそこで「ビーピーだー!」と子供たち、喜びます。

そしてみんなで声をあわせてしまじろうとミミを呼びます。

「しまじろー!ミミー!」

うしゃこちゃん、毎回大絶叫(笑)

するとステージ手前の横側のドアからしまじろうとミミちゃん登場!

会場一気に大盛り上がり!

今回はだいぶ前の席だったため、かなり近くで二人(?)を見れました。

旦那くん、ぽつりと「でけぇ」(笑)

そう、間近で見ると結構な迫力なんですよね。

特にミミちゃんなんか頭かでかいから、さらに大きく見える。

 

コンサート中はみんな歌ったり踊ったり、とても楽しい雰囲気です。

うしゃこちゃんも楽しそうに踊っていました。

たまに赤ちゃんが泣いたりしてますけど、会場騒がしいんで全然気になりません。

時間も途中休憩をはさんで75分なので、途中でだらかることもなくちょうどよく終わります。

後ろの子なんかは終わるのが嫌でステージが終わった後「やだーーー!!」って泣いてました(^^;)

そのくらい、みんなステージを楽しんでました。

 

グッズ売り場

しまじろうコンサートではコンサート限定グッズが色々と売っています。

今回はこんなラインナップ。


f:id:ushasha77:20190902181538j:image


f:id:ushasha77:20190902181548j:image

 

グッズ売り場はいつでも大盛況。

比較的すいているのはやはり開場直後ですね。

開場前に並んでおいて開場とともに行けば、だいぶゆとりをもってグッズを買うことができます。

今回は私たちはグッズを買う予定もなかったのでゆっくり行きましたが、ホール前のスペースは人でごった返しておりました。

 

英語の先生とお話

しまじろう英語コンサートでは外国人の英語の先生が何人かいて、コンサート前や合間に先生たちとお話をするとシールをもらえます。

これもまた常に人であふれかえっています。

やはり一番空いているのは開場直後。

先生たちとたくさん触れ合いたい人は早目に会場に行きましょう。

ちなみに「英語でやりとりなんて、うちの子できるかしら!?」なんて心配することもあるかもしれませんが、大丈夫です。

入り口でもらえるパンフレットに、先生たちとの会話例が載っています。

基本、これ以外のことを聞かれたり言われたりすることはほぼありません。

まあ、自分の名前と年や好きな食べ物くらいが言えれば問題ありません。

ちなみに先生たちは「Let's Talk!」と「Let's sing and play!」で分かれているので、英会話に自信がない場合は歌って踊ろうのほうの先生を選んで参加すれば安心です。

先生の近くにどちらの担当か紙が貼ってあるので、それを見て確認しましょう。

 

赤ちゃんでも安心な設備

しまじろうコンサートでは毎回たくさんの赤ちゃんが訪れるので、ベビーカー置き場やおむつ替えコーナー、授乳コーナーなどがきちんと設けられています。

おむつ替えコーナーはもともとホールのトイレについていることもありますが、それだけでは圧倒的に数が少ないのでだいたいいつも別で簡単なおむつ替えコーナーが仮設されています。

ただ本当に「仮設」なので、ちょっと仕切りをたてた後ろで授乳スペースがあるだけだったり、テーブルをたくさん並べてそこでみんなでおむつ替えをするような感じだったり、雑多感はいなめません。

ただ赤ちゃん連れでも困らないように設備だけは整えられているので安心してください。

 

持っていったほうがいいもの

しまじろうコンサートで必ず必要なものはチケットくらいですが、個人的に持っていったほうがいいと思うのが「おやつ」です。

特に12時とか14時くらいの公演だと、移動時間もあってなかなかお昼がしっかりと食べれないことがあります。

そんな時は軽食など簡単につまめるものを用意しておいて、ホールの外で公演が始まる前や休憩中に少し食べておくと子供もお腹がすいてぐずることもなく安心です。

飲み物はたいていどのホールにも自販機がありますが、あらかじめ持っていったほうが楽には楽です。

我が家ではいつも子供たちに水筒を持たせています。

あとはこれは必須ではないですが、しまじろうやミミのパペットを持っていくとさらに子供も盛り上がるかもしれません。

というか、周りの子供たちが結構しまじろうやらはなちゃんやらのパペットを持ってきているんですよね。

それを見て子供が「私も持って来ればよかった!」と騒ぐわけですよ(^^;)

そのため、一応何かしら持ってると子供が騒いだ時に便利です。

 

まとめ

全体的に子供たちもとっても楽しめるコンサートとなっていますが、ひとつだけ注意点は英語レベルは低いというところです。

特にワールドワイドキッズを受講している人にとってはかなり物足りないでしょう。

はっきり言って英語よりも日本語のほうが多いです。

しまじろうイングリッシュを受講している人は、英語と日本語まじりのDVDに慣れていると思いますが、コンサートもだいたいあんな感じです。

簡単な英語だけしゃべって、難しそうな説明などは日本語でしゃべります。

ミミとビーピーだけはオンリー英語ですが、そのためかあまりしゃべりません(笑)

我が家では英語コンサートはただ単に「コンサートを楽しむ」目的で行っているので不満はありませんが、もし「英語のインプット・アウトプット」を求めて行くとしたらあまりおすすめはしません。

ただ、そこまで英語が理解できない子で、まずは英語に慣れたい、英語を楽しみたい、という人にとってはおすすめです。

 

英語コンサート、と言っても大して英語をしゃべるわけではないコンサートですが、しまじろうやミミちゃんが好きな子にとっては大興奮間違いなしのステージです。

「英語の学習」という目的ではなく、単純にコンサートを楽しむという目的で行ってみてはいかがでしょうか。

 

そういえば今回はこんなものももらいました。


f:id:ushasha77:20190902181654j:image

 

クリスマスコンサートにこれを持っていくとシールがもらえるそうで。

別にいらないんですが、子供はまんまとのせられ「クリスマス行くー!」と(ー_ー;)

すでに英語会員先行販売は終わってしまったので一般会員枠になりますが、仕方ないので一応申し込んでみますか。

 

[スポンサーリンク]