子育て笑い話

長男(うしゃお)と長女(うしゃこ)の二人を育児中の主婦です。子育て中のお悩み解決×おうち英語の情報を綴っていきます

結局子供の病気のほとんどに抗生剤はいらないのか?|子供の一番の主治医は母親だと実感した話

先日娘のうしゃこちゃんが一週間ほど体調を崩しました。

もう色々と病状が変化して、一体なんの病気なのかさっぱりわからない状態が続きました。

そして病院からは色々と出される薬。

しかし、結局は薬はいっさい飲まずに完治しました。

もちろん普段はちゃんと薬を飲ませますが、今回に限っては「この薬いる?」と思うようなことがあり、娘の状態を見ながら判断したのですが・・・。

結局抗生剤はいらないんじゃないかな?と思うようなことがあったので、その話を書いていきたいと思います。

 

 

中耳炎で抗生剤を飲み続けていた娘

 

うしゃこちゃん、一度中耳炎にかかって数か月かかってようやく完治したのですが、また半年もしないうちに再発(;-;)

ずっと抗生剤を飲んでいました。

前回も抗生剤を飲み続けて治したので、特に抵抗感もなく飲ませていました。

 

 

www.cutepink.work

 

しかしなかなか良くならず、今までに飲んだことのない強い抗生剤が出されました。

飲み始めてからしばらくして、うしゃこちゃんのお腹がだんだんゆるくなってきました。

抗生剤の副作用だろうとあまり気にしていなかったのですが、だいぶひどくなってきたので、とりあえず飲むのを中断。

病院で相談しました。

 

すると先生は「ゆるいぐらいなら頑張って飲んでね。まずは耳を治したいから」と言って、とりあえず今まで飲んだことのある弱い抗生剤に変えてくれました。

薬剤師さんにも相談すると、「あまりひどいようなら飲むのは中断してくださいね。とりあえず今日の昼はやめて、夜からにしておきましょう」と言われました。

うーん・・・結局は親の判断次第ってこと?

ひとまずは薬剤師さんの言った通り夜から飲ませようとしていたんですが、病院から帰ったその日の夜、いきなり嘔吐。

昼に食べたものも全然消化されておらず、すべて戻しました。

 ええええ!?抗生剤の副作用じゃなかったの!?とかなり焦りましたよ。

そして下痢も悪化し、もうすでに水状態。

しかしもう時間も時間だったので、その日は様子見で寝かせました。

 

病状はジェットコースター

 

次の日、なんだかケロっとしているうしゃこちゃん。

ご飯はゼリーとおかゆだけにして様子を見ていましたが、吐くことはありませんでした。

ただ、下痢は相変わらずの水状。

でも元気だったので病院には行かずに休ませました。

そして次の日もだいぶ元気。

ご飯は相変わらずおかゆでしたが、それ以外は普通に元気でした。

お通じがなかったのでお腹の調子はわからなかったのですが、これなら週明けには幼稚園に行けるかな、というような感じでした。

 

が、次の日の朝。

起きるなり「のどがかわいた」とお茶を飲みたがるうしゃこちゃん。

その様子がどうもおかしい。

ぐったりとして元気がなく、目がうつろ。

そして腫れている上唇と二重のまぶた!(これ重要)

実はうしゃこちゃん、具合が悪くなると目が二重になるという特徴があります。

おそらく私にしかわからないと思うのですが、私は見るとすぐにわかります。

今までも片目だけくっきりと二重になっていたのですが、その日は両目が完全二重。

かなり悪い状態です。

小さい頃の私も具合が悪くなると二重になっていたようで、変なところが遺伝するものだと思ったものですが。

それはともかく、もうひとつの特徴である上唇の腫れ。

実は以前にも一度上唇がすごい腫れたことがあるんです。

その時も同じようにぐったりとしてしまい、一体なんの病気かと調べまくったのですが、たまたま家にあったウィダーインゼリーを飲ませたところ、見る見る間に元気を取り戻し、腫れもひきました。

どうやら脱水症状だったようです。

そんなわけで、うしゃこちゃんの唇の腫れ=脱水状態だと私は把握しています。

 

すでに同じような経験をしているため、この時は特に焦ることなくうしゃこちゃんにまたウィダーを飲ませたのですが・・・。

今回はウィダーを飲んだとたんに吐いてしまい、さっき飲んだ麦茶すら全部吐いてしまいました。

水分まで吐いてしまうのはヤバいと思い、休日診療へ。

そこでは抗生剤の副作用かもしれない下痢が続いていることと、嘔吐が数回あったことを話したのですが、急性の胃腸炎かな?ということで終わりました。

そして脱水症状は見られない、ということだったんですが・・・。

絶対脱水!それだけは確か!!

本当はORSを点滴してほしかったのですが、医者が脱水じゃないと言っているのでそれもかなわず。

なんだかやたらと薬だけもらって帰ってきました。

 

薬はいらない!母親の判断

 

休日診療でもらった薬は、またまた抗生剤。

あとは吐き気止めと痰きりの薬となぜか咳止め。

・・・いらなくない!?なんなの、この薬漬け!

吐き気止めはまあいいとして、抗生剤の副作用かもしれないって言ってるのに、どうしてまた抗生剤!?

いや、そりゃ細菌性の胃腸炎だったら抗生剤必要だろうけど、そんな検査もしてないし、絶対「とりあえず」で処方してるでしょ、これ。

もしノロとかの胃腸炎であっても抗生剤は必要ないはずです。

治すのは対処療法のみなはず。

そのため、私はひたすら水分補給だけをこころがけて、ORSを買ってこまめにうしゃこちゃんに与え続けました。

薬は全部拒否!

耳鼻科でもらったものも小児科でもらったものも全部飲ませず、様子見をすることに決めました。

そして、この時点ですでに12時間近くおしっこが出てないので、脱水をだいぶ心配していました。

が、夜ようやくおしっこが出たんです!!

ひと安心~~~。

そして唇の腫れもだいぶひき、脱水はひとまずなくなったと感じました。

ただこの日は一日中ぐったりしていて、ほぼ寝ている状態でした。

 

急激な回復

 

さて翌日、超元気なうしゃこちゃん。

昨日のアレはなんだったんだ!?

ただ下痢だけはよくならず、まだまだ水状態。

 

次の日も元気に過ごすうしゃこちゃん。

でもトイレだけは何回も駆け込むので、水分補給だけはこまめにしていました。

で、この日は耳鼻科だったんですが、水はだいぶ抜けている様子。

薬はいっさい飲ませていないので、やっぱり中耳炎も自然治癒でいいんじゃない?なんて思ったものですが。

まあ、途中までは薬を飲んでいたので本当のところはどうだかわからないのですが。

一応薬はもらいましたが、まだまだ下痢がひどいので今回も抗生剤は飲ませませんでした。

 

もしかしてリンゴ病!?

 

こんな感じで元気になったうしゃこちゃんなんですが、夜いきなり上腕部に赤い斑の発疹が!?

なんじゃこりゃ!?

もうやめて~~~って感じで泣きそうでしたよ。

その発疹は時間とともに落ち着いてきたのでとりあえず放置していたのですが。

次の日、なんかうしゃこちゃんのほっぺが真っ赤で腫れてる!?

えーと、これはもしかして、リンゴ病ですか・・・?

調べてみると、リンゴ病は症状が出た時にはすでに感染力もなく、自然に治っていくということなので放っておきましたが。

もう、一体何が原因で下痢が続いているのかさっぱりわからない!!

抗生剤の副作用?胃腸炎リンゴ病

もうなんでもいいから早く治って~~~!と祈るばかりです。

 

ようやく完治!

 

そして数日後。

ようやくお腹が治りました~~~~!

なんか、ものすごく長かった・・・。

その後に行った耳鼻科でも耳はキレイに治っていました。

下痢になってからはいっさい薬を飲ませずにきたので、結局すべての症状は自然治癒で治しました。

やっぱり抗生剤、そんなに飲まなくていいのでは・・・と感じた出来事でした。

 

とは言え、いつもは医者から処方された薬はちゃんと飲ませています。

しかし今回に限って言えば、あまりにも色々と病状が変わったので、病院で説明するにもなかなかわかってもらえない状態でした。

そして今までの経験から、これは脱水が原因だとわかったこともあり、薬に頼ることなく治すことができました。

別に「絶対に抗生剤は必要ない!」とは言いません。

私は医者ではないので、そんなことはわかりません。

ただ、やっぱり自分の子供の状態は母親が一番わかるのではないか、と思うのです。

毎日毎日ずーっと見ているので、この状態は大丈夫、この状態はちょっと危ない、ということが誰よりもわかるんですよね。

これが「子供の一番の主治医は母親だ」言われる所以なんだな、と思いました。

 

さて、うしゃこちゃん。

ようやく元気になったのにまた鼻水ズルズル・・・。

お願いだから、もう中耳炎にはならないでね!!

【まだ結婚できない男】第9話 ネタバレ・あらすじ・感想

まだ結婚できない男 第7話のネタバレ・あらすじ・感想です。

 

前回は英治くんと桜子さんがめでたく結婚!

桑野さんの結婚スピーチには感動しました~。

やればできる人、桑野さんです(笑)

そろそろ最終回、という頃になってようやく桑野さんにモテ期が!?

最終的には誰かとくっつくのでしょうか?

 

 

では、まだ結婚できない男 第9話のあらすじや感想をまとめていきます。

 

その他のあらすじはこちら

第1話 第2話 第3話 第4話  第5話 第6話  第7話  第8話

 

 

主なキャスト

 

桑野信介(阿部寛)・・・一級建築士

村上英治(塚本高史)・・・信介の共同経営者

吉山まどか(吉田羊)・・・弁護士

岡野有希江(稲盛いずみ)・・・カフェの雇われ店長

戸波早紀(深川麻衣)・・・信介の隣人

桑野育代(草笛光子)・・・信介の母

中川圭子(三浦理恵子)・・・信介の妹

中川良雄(尾美としのり)・・・圭子の夫

中川ゆみ(平祐奈)・・・信介の姪

横田詩織(奈緒)・・・建築事務所アシスタント

丸山裕太(荒井敦史)・・・建築事務所アシスタント

沢村映子(阿南敦子)・・・建築事務所経理

森山桜子(咲妃みゆ)・・・住宅プロデュース会社

棟梁(不和万作)・・・大工の棟梁

山下香織(小野寺ずる)・・・まどかのアシスタント

太田留美(美音)・・・カフェの店員

 

まだ結婚できない男 第9話のあらすじ

 

急性胃腸で倒れる信介

 

事務所で結婚生活の話で盛り上がる英治たち。

相変わらず皮肉をとばす信介だったが、今回は負けずに英治も反論してきた。

いつもなら倍以上の言葉で反論し返す信介だったが、珍しく何も言えずに黙り込む。

勝ったと喜ぶ英治だったが、信介は腹痛で苦しみだし救急車で運ばれる羽目になった。

原因は急性胃腸炎だった。

病室をノックする音に、一瞬夏美ではないかとうろたえる信介だったが、入ってきたのはまどか・有希江・早紀の3人だった。

弱っている信介はいつもの皮肉も出てこず、3人に素直にお礼を言う。

いきなりいい人になった信介に戸惑う3人だった。

 

早紀の部屋に遊びに来ていたまどかは、帰り際に退院してきた信介と会う。

まどかは信介を喫茶店に呼び出し、実家から送られてきた健康にいいというお茶をゆずる。

素直に受け取る信介に感心するまどか。

映画にさそわれて喜ぶだったが、信介からの映画の解説を断ると、信介の様子が徐々に元に戻ってくる。

結局いつもと同じ調子に戻った信介に、まどかは怒って帰ってしまった。

 

早紀の舞台をみにいく信介と有希江

 

早紀は舞台の本番が近づいてきていた。

そこでまどかと有希江を舞台に招待した。

あと誰かいないかと悩む早紀に信介を誘ったらどうかと言うまどかたちだったが、以前ダメ出しをされたことを思い出して早紀は拒否した。

 

まどかは早紀の舞台の日に仕事が入っていたことを思い出す。

他に行ける人がいないかと悩んでいるところに信介がやってきた。

この前のことを謝罪しに来たと言う信介に、まどかは何か頼みがあるのではないかと邪推する。

するとその予想通り、信介は事務所に架空請求してくる業者対策にまどかの名前を借りようとしていた。

文句を言いながらも引き受けるまどか。

そんな中、まどかが早紀の舞台に行けなくなった話を聞いた信介は、自分が行くと言い出す。

早紀が嫌がっていたことを思い出して必死にとめようとするまどかだったが、行く気になってしまった信介をとめることはできなかった。

 

開演前に客席をのぞいた早紀は、そこに信介がいるのに気づいてしまう。

緊張してしまい、普段通りのお芝居ができない早紀。

舞台が終わった後信介と有希江は早紀に会いに行くが、早紀はトレイにこもってしまって会うことはできなかった。

 

信介とのデートを楽しむ有希江

 

その後もんじゃ屋で早紀と食事をする信介。

信介はうんちくを語りながらもんじゃを焼くが、下町育ちの有希江にこれはもんじゃじゃないと一蹴されてしまう。

そして有希江は自分のやり方でもんじゃを食べ、信介もすすめられたやり方にならって食べ、そのおいしさに納得するのだった。

 

仕事帰りに有希江の様子を見に行くまどか。

信介とのお出かけが楽しかったと言う有希江にまどかは驚き、信介と万が一結婚したらどれだけ大変かを力説する。

そんなまどかに、実は信介のことが気になっているのではないかと言う有希江。

しかしまどかは必死で否定するのだった。

 

早紀は犬の散歩の途中で、いつもの男と出会う。

タツオを抱いて必死で逃げるが、追いつかれてしまう。

警察に電話しようとする早紀だったが、彼は早紀の落とし物を拾って届けにきてくれただけだった。

 

信介は離婚して一人暮らしをする男性の家を設計をする仕事を請け負っていたが、その客が妻に訴えられたと言って事務所へやってきた。

妻が土地は自分のものだと主張してきたのだ。

その内容証明を見て、担当弁護士がまどかだと気づく信介。

信介はまどかに会いに行き、まどかの依頼人の夫の家の設計を自分が請け負っていることを打ち明けた。

 

まだ結婚できない男 第9話の感想

 

今回は有希江さんと初デート?

ようやく恋愛が発展したか、と思ったら来週は最終回!?

せっかく盛り上がってきたのに残念な気もします。

そして早紀は結局桑野さんとの恋愛には大して絡んできませんでしたね(^^;)

早紀はあのオモチちゃんの飼い主さんといい感じになりそうな感じ?

まどかさんはなんとな~く桑野さんを気にしているようですが、う~ん・・・まだまだ足りないような・・・。

 

しかも最終回は裁判のようで、これで三角関係が解消するのか!?

結局桑野さん、誰かとくっつくんでしょうか?

それにしても夏美さん、まだあの病院で働いてたんですね。

チラっとでもサプライズ出演してほしかったな~!

 

 

前作を一気に観たいならAmazon プライムビデオが便利!! 

30日無料トライアルに申し込む

 

【PR】

見逃し配信はこちら 一か月無料トライアルで最新話をチェック!

 
 

【グランメゾン東京】第7話 あらすじ・ネタバレ・感想

グランメゾン東京 第7話のネタバレ・あらすじ・感想です。

 

グランメゾン東京 第7話が放送されました。

 

前回は芹田くんが色々とこじらせた回でしたが、無事に改心してくれたようでひと安心(^^)

祥平くんはgakuへ行ってしまって寂しいけど、敵という感じでもないようなのでよかったです。

さあ、いよいよトップ50の発表ですね。

グランメゾン東京は何位に入るのでしょうか!?

それでは、グランメゾン東京 第7話のあらすじや感想をまとめていきます。

 

その他のあらすじはこちら

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話

 

 

主要キャスト

 

尾花夏樹(木村拓哉)・・・グランメゾン東京のスーシェフ

早見倫子(鈴木京香)・・・グランメゾン東京のシェフ

京野陸太郎(沢村一樹)・・・尾花の元同僚、グランメゾン東京のギャルソン

平古祥平(玉森裕太)・・・尾花の元部下、一流ホテルの最年少料理長

相沢瓶人及川光博)・・・尾花の元同僚、人気web料理研究家

丹後学(尾上菊之助)・・・尾花の元同僚、レストラン「gaku」のシェフ

江藤不三男(手塚とおる)・・・レストラン「gaku」のオーナー

芹田公一(寛一郎)・・・グランメゾン東京のバイト

久住栞奈(中村アン)・・・フリーのフードライター

リンダ・真知子・リシャール(冨永愛)・・・「マリ・クレールダイニング」の編集長

松井萌絵(吉谷彩子)・・・ホテルブッフェのパティシエ

蛯名美優(朝倉あき)・・・祥平の婚約者

 

グランメゾン東京 第7話のあらすじ

 

相沢の妻、エリーゼ登場

 

トップレストラン50の発表からさかのぼること一週間前。

グランメゾン東京には新たなバイトも入り、芹田も下ごしらえの担当として頑張っていた。

しかし相沢は店が忙しいこともあり、なかなかアメリーの保育園のお迎えに行けなくなってきていた。

そんな時、一人の女性が店にやってくる。

彼女は相沢の妻、エリーゼだった。

エリーゼは、また三ツ星をとるためにと相沢を巻き込んだ尾花を激しく責める。

どこにいたんだと食ってかかる相沢に、エリーゼアメリーを引き取りにきたと言う。

パリでアメリーと二人でやっていけるのかと言う相沢に、エリーゼは新しいパートナーがいると言った。

そして料理人を侮辱するような言葉に尾花は激怒し、グランメゾン東京はエスコフィーユを越えると断言した。

それを聞いたエリーゼは、トップレストラン50でエスコフィーユがとった10位を越えてみろと言いだす。

そして10位を越えられなかったらアメリーはパリに連れて行くと言った。

それを聞いた尾花は勝手に了承してしまい、その代わり10位を越えたら相沢のことを認めろと言うのだった。

 

エリーゼのためだけの新メニュー

 

倫子はホテルの取れなかったエリーゼを自分の家に連れて帰る。

倫子と尾花、京野、エリーゼは4人で食事をしながら昔の話をした。

そこでエリーゼは三ツ星のためにみんなが苦しんでいた話をし、自分はミシュランを恨んでいると言った。

そんなエリーゼの様子を見ていた尾花は何か思いつき、峰岸へと電話をした。

 

次の日、倫子は相沢に休みをとってエリーゼと話し合うようにと言った。

しかし尾花は相沢は必要だと認めない。

そして新メニューを作ると言いだし、そのアイデアには絶対に相沢が欠かせないと言いだす。

そこへ峰岸が新鮮な山の幸を持ってきた。

その食材で、エリーゼのためだけに新しいメニューを作ると言う尾花。

尾花と相沢は二人でエリーゼのための新メニューを作ることを決めた。

 

芹田は店が休みの日、江藤に会いにいった。

そして今までのお金を全部返し、自分はグランメゾン東京で修行すると言いきった。

帰り際、丹後と祥平に会う。

祥平から芹田がグランメゾン東京のスタッフだと聞いた丹後は、江藤が何か企んでいるのではと勘繰る。

問い詰められた芹田が、もう二度とそんなことはしないと言うと、丹後は笑ってgakuの厨房を芹田に見せてやるのだった。

 

熱で寝込むアメリーと母親の味

 

エリーゼは勝手にアメリーに会いに行ってしまい、それに怒った相沢はエリーゼと話し合うが、そこでアメリーが熱を出したという電話が入った。

エリーゼには絶対に来るなと言い、相沢は一緒にいた尾花と一緒に家に帰った。

 

熱は下がってきたが、何も食べようとしないアメリー。

尾花はアメリーの大好物のゼリーを作るが、アメリーは食べようとはしない。

そこへ倫子がエリーゼが作った料理を持ってくる。

それはフランスの母親が作る定番の病人食だった。

何も食べようとしなかったアメリーだったが、それだけは喜んで笑顔で食べた。

その夜、エリーゼは尾花を呼ぶと、相沢には内緒で何事かを頼んだ。

 

トップレストラン50の前日、倫子たちは相沢一家をスペシャルランチへと招待した。

食事は和やかに進み、相沢の母親とアメリーは先に帰っていった。

その後、エリーゼのためだけに開発したメニューをだすが、エリーゼは一口食べただけで料理を置いてしまう。

エリーゼはどれもおいしかったが、それが嫌だと言う。

この料理を作るためにどれだけの苦労をしたかがわかる分、逆に料理のためにここまでしてしまう相沢にはやはりアメリーはまかせられないと言うのだ。

そんなエリーゼに、尾花は最後の料理を出す。

それはアメリーが作ったフランボワーズのゼリーだった。

アメリーはこのゼリーの作り方を、尾花に頼んで教えてもらっていたのだ。

いつの間にこんなことができるようになったのかと驚くエリーゼに、相沢は家で仕事するようになってよく一緒に料理を作っていたと言う。

それを聞いて、あの頃もそうしていてくれれば、と泣くエリーゼ

そんな彼女に、相沢はアメリーをパリへ連れてってくれと言う。

新しいパートナーとの幸せを願っての言葉だったが、それはエリーゼの嘘だった。

その嘘を知った相沢は、三ツ星をとったらパリへ戻るから待っていてくれと言うが、エリーゼはもうやり直す気はないと言う。

そこで尾花がグランメゾン東京は明日のトップレストラン50で10位を越えると言い、相沢も10位を越えたらもう一度やり直してほしいと頼むのだった。

 

越えられなかった10位

 

そして迎えたトップレストラン50当日。

次々と発表されるレストラン。

20位以内までグランメゾン東京の名もgakuの名もなかった。

もうダメだとあきらめかけていた両レストランだったが、グランメゾン東京は10位に、gakuはなんと8位に入っていた。

しかし10位を越えられなかった尾花は、相沢に本当にごめんと謝った。

 

アメリーとエリーゼがパリへ発つ日、エリーゼは尾花に必ず三ツ星を取れと言った。

そして、グランメゾン東京の料理はエスコフィーユよりもおいしかったと言う。

そんな彼女に、尾花は三ツ星をとることを約束した。

バスに乗るこむ二人だったが、アメリーが一人降りてきて相沢に駆け寄る。

そして「ママが待ってるからって」と伝えた。

 

その夜、倫子と尾花と京野は3人で倫子の家で乾杯をしていた。

そこで倫子と尾花の仲の良い感じを目の当たりにして、京野はついに気持ちを爆発させる。

そして倫子が好きだと告白してしまうのだった。

 

グランメゾン東京 第7話の感想

 

やってきました、エリーゼ

今回はアメリーちゃんがたくさん出てきて嬉しかったけど、パリへ行ってしまってものすごい寂しいです!

お別れの場面、泣けました~(;-;)

でもエリーゼが待っていてくれるって言ってくれて、本当に良かった!

グランメゾン東京は一刻も早く三ツ星をとって、早く相沢さん一家を一緒にさせてあげてほしい!(笑)

 

しかしトップレストラン50、グランメゾン東京がまさかの10位でしたね。

そしてgakuがさらにまさかの8位。

でも今まで日本のレストランが20位以内にも入っていなかったのに、いきなり10位以内にふたつも入るものなんだろうか?

とかいう無粋なことは言わないでおきましょう(笑)

しかしそれより何より、京野さんの告白のほうがびっくり。

言っちゃったよ!京野さん!

まさかドラマ中盤で告白するとは思わなかったわ。

 

そして行方不明になる?尾花。

なんだか人間関係、色々とこじれてきました。

そろそろ終盤にさしかかってきたグランメゾン東京、人間模様も楽しんでいけそうな感じです。

 

【まだ結婚できない男】第8話 ネタバレ・あらすじ・感想

まだ結婚できない男 第8話のネタバレ・あらすじ・感想です。

 

 

前回は有希江さんのカフェ問題が無事解決!

有希江さんが桑野さんにちょっと惹かれてる?な感じで終わりました。

今回はついに英治くんと桜子ちゃんの結婚式です。

結局二人は結婚しないままドラマは終わるのかと思いましたが、英治くんもついに結婚するんですね~。

今回は桑野さんのスピーチに注目です!

 

では、まだ結婚できない男 第8話のあらすじや感想をまとめていきます。

 

 

その他のあらすじはこちら

第1話 第2話 第3話 第4話  第5話 第6話 第7話

 

 

主なキャスト

 

桑野信介(阿部寛)・・・一級建築士

村上英治(塚本高史)・・・信介の共同経営者

吉山まどか(吉田羊)・・・弁護士

岡野有希江(稲盛いずみ)・・・カフェの雇われ店長

戸波早紀(深川麻衣)・・・信介の隣人

桑野育代(草笛光子)・・・信介の母

中川圭子(三浦理恵子)・・・信介の妹

中川良雄(尾美としのり)・・・圭子の夫

中川ゆみ(平祐奈)・・・信介の姪

横田詩織(奈緒)・・・建築事務所アシスタント

丸山裕太(荒井敦史)・・・建築事務所アシスタント

沢村映子(阿南敦子)・・・建築事務所経理

森山桜子(咲妃みゆ)・・・住宅プロデュース会社

棟梁(不和万作)・・・大工の棟梁

山下香織(小野寺ずる)・・・まどかのアシスタント

太田留美(美音)・・・カフェの店員

 

まだ結婚できない男 第8話のあらすじ

 

結婚式とメイド喫茶に悩む信介

 

再度SNS被害にあわないために、自分の正式ブログを作り始めた信介。

何を載せればいいか悩むが、とりあえず自分の料理を載せることにする。

 

英治と桜子は有希江のカフェで結婚式の相談をしていた。

そこにまどかが現れ、信介は結婚式に出るかどうかの話をしていると、当の本人がやってきた。

信介に結婚式に出るかどうかを尋ねるも、信介は「検討しておく」と言ってはっきりとした答えは出さなかった。

 

信介が家に帰ると、部屋の前で早紀がタツオに話しかけていた。

タツオが最近元気がないというのだ。

そんなタツオの様子に、信介は何か心に秘めた顔をしていると言う。

お大事に、と部屋に帰ろうとした信介だったが、早紀に呼び止められる。

早紀は最近散歩の途中に会う男の人が怖くて、信介に犬の散歩を変わってもあった。

散歩の途中、その男と出くわした信介は、その人相の悪さに思わず隠れてしまうのだった。

 

圭子と良雄に喫茶店に呼び出される信介。

ゆみがメイド喫茶で働いているので、どうしてそこで働いているのか理由を聞いてやめさせてほしいと言うのだ。

渋る信介だったが、ゆみは信介に一番心を開いていると言われ、まんざらでもない様子で引き受けた。

 

無理矢理決められた主賓の挨拶

 

どうしようかと悩む信介は、英治の結婚式のことはどうでもよくなって二つ返事で出席を了承する。

仕方なくゆみの働いているメイドカフェに行った信介は、ゆみに見つかって屋上に呼び出される。

そこで話を聞くと、ゆみは留学資金のためにお金を稼いでいると言うのだった。

その話を良雄にし、良雄は家族で話し合うことを約束した。

 

信介が事務所へ戻ると、そこにはまだ英治がいた。

英治はそこで、信介に主賓の挨拶を頼む。

信介がいなかったら今の自分はいなかった、と英治は語った。

しかし絆という言葉に「そんな目に見えないことを言われてもな」と返す信介に、英治はがっかりして事務所を出ていってしまった。

 

英治から、信介にいい返事をもらえなかったという話を受ける桜子。

その話を聞いたまどかは、その夜信介をバーに呼び出した。

英治のためにスピーチをしてほしいと言うまどかだったが、結婚をよく思っていないのにスピーチをしても、心がこもらないスピーチになってしまうと拒否する信介。

そこへゆみから電話がくる。

留学の話を親が許可してくれたと言い、信介にお礼を言うゆみ。

その電話の様子を見ていたまどかは、姪っ子の役に立てるんだから、今度は英治のために一肌脱いであげたらどうかと言う。

そんなまどかに、原稿でもあればやると言う信介。

それを聞いたまどかは、自分が原稿を書くからスピーチをするようにと信介に約束させた。

 

スピーチの原稿に悩むまどか

 

勢いでスピーチの原稿を引き受けてしまったまどかだったが、うまく書けずに引き受けたことを後悔していた。

そこへ、原稿の様子を見に信介がやってくる。

月並みな言葉が並んでいる原稿にダメ出しをする信介。

無理難題をおしつける信介に、まどかは自分はどうなんだと言い返す。

信介のSNSが全然更新されていないことを指摘するが、信介はなかなかいい写真が撮れないと言い訳をする。

そして、自分は映える写真を撮るからそっちはいい原稿を書くように、とおかしな交換条件をつけるのだった。

 

信介がSNSの写真を撮っていると、まどかから電話がきて、またバーへと呼び出された。

そこで原稿ができたと言われ原稿を読むと、そこにはまどかの「先に結婚されて少し憎らしい」という正直な気持ちが書かれていた。

月並みな言葉ではなくオリジナルの原稿を書くためには、自分の気持ちを書くしかないと開き直るまどか。

こんなものは読めないと言う信介だったが、まどかは話は終わったとさっさと帰ってしまうのだった。

 

信介と英治の絆

 

結婚式当日、信介はいまだにスピーチの内容が決まらずに直前まで悩んでいた。

そこで信介は、英治と桜子にどうして結婚したのか、お互いのどこが好きなのかなど、スピーチの材料になることを聞くことにした。

しかしそこで桜子は、自分が英治に他の女と比べられていることを感じ、怒ってしまった。

 

桜子が怒った状態のまま、披露パーティーが始まった。

しかしパーティーが始まっても、いまだに信介はスピーチの内容が定まらずにいた。

そして呼ばれて焦った信介は、スピーチのメモを落としたことに気づかないままマイクへよ向かってしまった。

メモがないことに気づいた信介は、仕方なく自分の言葉でスピーチを始める。

最初はいつもの通り結婚に対して否定的なことを言ってしまった信介だったが、すぐに英治と出会った頃の話をしだす。

何をやってもダメダメだった英治だが、どれだけきついことがあっても逃げなかった。

だから結婚生活も絶対に逃げることはないと言う。

そして最後には、英治に素直に「おめでとう」と言った。

そのスピーチを聞いたまどかは、やればできるじゃないかとつぶやくのだった。

 

相変わらずSNSの写真を加工していると、まどかから結婚式の写真が届いた。

その中の一枚に、まどかが必死にブーケを取ろうと飛びついている写真があった。

それを見た信介はSNSにその写真を投稿し、たくさん「いいね」をもらって満足するのだった。

 

まだ結婚できない男 第8話の感想

 

英治くんの結婚式、桑野さんのスピーチには感動しました!

絆なんて、と言っていた桑野さんですが、やっぱり英治くんとの間には絆を感じていたんですね~。

今シーズンよりも前シーズンのほうが英治くんとの絡みも多かったように思えますが、やっぱり前シーズンの映像を見て思い出すとジーンとしちゃいますね。

前シーズン、また観たくなってしまった(笑)

 

そして、ちょこちょことはさんでいますね、金田ネタ!

今回はメールでした。

最後までどっかしらに名前が出てくるのかと思うと、色々探したくなりますね。

そしてなかなか進まないタツオの恋愛ですが、どうなるんでしょう?

あの男の人の正体をそろそろ明かしてもらいたい(^^;)

 

さあ、来週は四角関係勃発!?

っていうか、ようやく恋愛ですか?って感じなんですけどね。

まあ有希江さんとはずっといい感じでしたが。

来週倒れてしまう桑野さんですが、予告で見た感じだと元気そうでよかったです(笑)

さあ、ラストスパートに向けて盛り上がっていってほしいですね!

 

 

前作を一気に観たいならAmazon プライムビデオが便利!! 

30日無料トライアルに申し込む

 

【PR】

見逃し配信はこちら 一か月無料トライアルで最新話をチェック!

 
 

【グランメゾン東京】第6話 あらすじ・ネタバレ・感想

グランメゾン東京 第6話のネタバレ・あらすじ・感想です。

 

グランメゾン東京 第6話が放送されました。

 

前回はアレルギー混入事件の犯人が祥平くんだということが判明!

黒幕がいるのかどうかはわかりませんが、とりあえずはこれで一区切り?

祥平くんと尾花との溝もうまって、さあ、一緒に再スタートだ!と思ったら、祥平くんがまさかのgaku行き!

今回は芹田くんが色々とこじらせそうですが、どうなるのか!?

そんなグランメゾン東京 第6話のあらすじや感想をまとめていきます。

 

その他のあらすじはこちら

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話

 

主要キャスト

 

尾花夏樹(木村拓哉)・・・グランメゾン東京のスーシェフ

早見倫子(鈴木京香)・・・グランメゾン東京のシェフ

京野陸太郎(沢村一樹)・・・尾花の元同僚、グランメゾン東京のギャルソン

平古祥平(玉森裕太)・・・尾花の元部下、一流ホテルの最年少料理長

相沢瓶人及川光博)・・・尾花の元同僚、人気web料理研究家

丹後学(尾上菊之助)・・・尾花の元同僚、レストラン「gaku」のシェフ

江藤不三男(手塚とおる)・・・レストラン「gaku」のオーナー

芹田公一(寛一郎)・・・グランメゾン東京のバイト

久住栞奈(中村アン)・・・フリーのフードライター

リンダ・真知子・リシャール(冨永愛)・・・「マリ・クレールダイニング」の編集長

松井萌絵(吉谷彩子)・・・ホテルブッフェのパティシエ

蛯名美優(朝倉あき)・・・祥平の婚約者

 

グランメゾン東京 第6話のあらすじ

 
新たな魚料理の開発

 

トップレストラン50の発表まで1か月をきり、gakuもグランメゾン東京も50位以内に入ることを目標にメニューの改善をしていた。

尾花は旬のメニューを一品だけ変えることにする。

魚料理を変更することにし、尾花と倫子は芹田を連れ、豊洲市場へと行く。

そこでいい鰆と出会い、新たな魚料理は鰆料理にすることに決まった。

一方gakuも魚料理を新たに開発し、祥平の考えたアンコウの料理が候補のひとつとなった。

 

グランメゾン東京は一時期の風評被害もややおさまり、トップレストラン50の候補にあがったことで客が少しずつ増えてきていた。

人出が足りずにバタバタする厨房で手伝おうとする芹田だったが、まだ食材には触らせてもらえずに不満を募らせる。

そんな時にgakuの江藤に呼び出されて会うと、グランメゾン東京の新しい魚メニューのレシピを持ってこいと言われる。

 

人出の補充に、京野はフードライターのアンナを雇うことを倫子に相談に来る。

料理の話をしながら仲良く朝食を食べる尾花と倫子の二人を、複雑な目で見つめる京野だった。

そして店にはさっそくアンナがやってくる。

アンナが持ってきた履歴書を見た京野は、アンナの父親の名前に何か気にかかる様子だった。

 

焦りと努力の狭間

 

まかないを作る時間になり、芹田が自分にまかないを作らせてほしいと言いだす。

許可がおり、一生懸命にチャーハンを作る芹田。

しかしみんなからの評価は散々で、ほとんど料理は残されてしまった。

 

そんな芹田を、京野は仕事帰りに飲みに誘う。

どうせ自分には才能がないと卑下する芹田に、才能なんて誰にもわからないと京野は言う。

そして、尾花と倫子は言われたことをやるだけの料理人にはなってほしくないと思っているのでは、と芹田に伝えた。

一方、店に残ってメニュー開発をしていた尾花と倫子は、ようやく鰆の調理法をローストにすることに決めた。

 

次の日豊洲市場での買い出しが終わると、芹田は一人で鰆を仕入れた店へと向かい、鰆をさばけるようになりたいのでここで働かせてほしいと頼み込む。

最初は面倒がっていた大将だったが、芹田が熱心に頼み込むと了承してくれた。

 

倫子と尾花は一番の焼き加減を目指し、何回も何回も鰆のローストを試していた。

芹田はそんな二人の様子を見て勉強しながら、鰆のさばき方も必死で練習していた。

そしてようやく芹田が鰆をさばけるようになった頃、尾花たちも最高の鰆のローストにたどり着くことができた。

相沢のアイデアでソースも出来上がり、鰆のローストはほぼ完成した。

 

gakuへと渡ってしまったレシピ

 

そしてトップレストラン50の15日前、ようやく鰆のローストは完全に仕上がった。

その料理はスタッフたちからの評判も上々だった。

そして相沢が鰆の仕込みに入ると、芹田は自分にも手伝わせてくれと申し出る。

相沢は断って手伝わせようとしなかったが、相沢がその場を離れた隙に芹田は勝手に鰆をさばいてしまう。

それを見た尾花は激怒。

そして芹田のさばいたナイフを見て、お前はまだうちの店で料理ができるレベルではないと言う。

それを聞いた芹田は激高し、こんな店やめてやると店を飛び出してしまった。

 

その足でgakuの江藤のもとへと向かう。

そして今まで勉強のためにメモしていた鰆のローストのレシピを江藤へ渡し、gakuで雇ってもらえると思い込み、gakuで働くつもりでいた。

しかし江藤にはもちろんそんな気はなく、柿谷にそのレシピを渡して同じを料理を作らせようとしていた。

 

コンビニの前で酒を飲んだいる芹田の前に、京野が現れる。

退職金を払いたいが資金繰りが苦しくて払えないと言う京野。

そんなものはいらないと断る芹田だったが、代わりにうまいものを食わせてやると京野は言った。

 

gakuでは祥平が生み出したアンコウの料理が完成を迎えていた。

それを食べた江藤は絶賛するが、フードリサーチャーからあがってきたアイデアで作った料理があるので、それと食べ比べてみると言う。

それは柿谷に作らせていた、グランメゾン東京の鰆料理だった。

 

料理の厳しさに気づく芹田

 

芹田は京野に連れられてグランメゾン東京へ客として来た。

改めて客として店の料理を食べた芹田は、いつもの試食よりもずっとおいしいと感じることに気づき、それは料理人の魂がこもっているからだと京野に言われる。

しかしどれもおいしい料理だったが、鰆のローストを食べた時にわずかに違和感を持ったのだった。

 

食べ終わった芹田が金を払おうとすると、尾花は客に出してはいけない料理を出したので金はもらえないと言う。

それを聞いた芹田は、鰆のローストが試食品よりも臭かったと言い、倫子は満足気に笑いながら「ちゃんと気づいたね」と言った。

芹田が食べた鰆のローストは、芹田がさばいたものだった。

芹田が鰆をさばいたナイフは直前にゴボウを切っていたもので、そのゴボウのアクが魚について風味が劣化してしまったのだった。

尾花は芹田が鰆のさばき方の練習をしていたことはとっくに知っていた。

しかしそんなことは当然だ、料理をなめるなと言われ、土下座をする芹田。

そこでgakuのスパイをしていたことを告白した。

もっと高級な素材で同じレシピで料理を作ったら、gakuが勝ってしまうと言う芹田に、グランメゾン東京の面々はおかしそうに笑う。

このレベルの料理は簡単に真似できるものではなく、レシピが外に出回ってもまったく問題ないと言うのだった。

実際柿谷の作った鰆のローストは江藤や丹後からも酷評を受け、結局メニューには載らなかったのだ。

尾花にお前はどんな料理人になりたいんだと訊かれた芹田は、自分が投げ捨てたエプロンを手にとり、もう一度まかないを作らせてほしいと願い出た。

 

前回と同じくチャーハンを作った芹田だったが、その中には鰆を入れて少しレシピを変えた。

おいしいと言われつつもまだまだだと散々ダメ出しをされたが、芹田の気持ちはよく伝わったと倫子に言われる。

前回はほとんど残されたチャーハンだったが、今回は全員完食した。

そして片付けたら鰆の仕込みをやっとけと言う尾花に、芹田はここにいていいのかと訊く。

そんな芹田に、尾花は仕込みはお前の仕事だろと言うのだった。

 

そしてついにトップレストラン50の審査が終わり、発表の当日を迎えた。

 

グランメゾン東京 第6話の感想

 

今回はこじらせ芹田くんの回でした(笑)

結局ずっとお金もらってたんですね~、芹田くん。

でもようやく改心したようで、よかったよかった。

しかしまあ、頑張ってるのに認められない!っていう気持ちはよくわかるんですが、芹田くん、料理はじめてまだ数か月ですよね?

さすがにまだまだ早いんじゃないんですかね~(^^;)

でもとりあえず再出発したみたいなので、頑張ってほしいですね。

 

次回はアメリーのお母さん登場!

ええ~、今更~!?って思っちゃうけど、アメリーちゃんにとっては嬉しいですよね。

相沢さんも今は素敵なパパなので、ぜひとも家族全員幸せになってほしいものです。

 

 

 

【まだ結婚できない男】第7話 ネタバレ・あらすじ・感想

まだ結婚できない男 第7話が放送されました。

 

前回はようやくやっくんの正体が発覚!

薬丸さんもいい人だとわかりました。

ブログの問題も解決して、ようやく恋愛話に進んでいくのでしょうか?

 

それではまだ結婚できない男 第7話のあらすじや感想をまとめていきます。

 

その他のあらすじはこちら

第1話 第2話 第3話 第4話  第5話 第6話

 

 

主なキャスト

 

桑野信介(阿部寛)・・・一級建築士

村上英治(塚本高史)・・・信介の共同経営者

吉山まどか(吉田羊)・・・弁護士

岡野有希江(稲盛いずみ)・・・カフェの雇われ店長

戸波早紀(深川麻衣)・・・信介の隣人

桑野育代(草笛光子)・・・信介の母

中川圭子(三浦理恵子)・・・信介の妹

中川良雄(尾美としのり)・・・圭子の夫

中川ゆみ(平祐奈)・・・信介の姪

横田詩織(奈緒)・・・建築事務所アシスタント

丸山裕太(荒井敦史)・・・建築事務所アシスタント

沢村映子(阿南敦子)・・・建築事務所経理

森山桜子(咲妃みゆ)・・・住宅プロデュース会社

棟梁(不和万作)・・・大工の棟梁

山下香織(小野寺ずる)・・・まどかのアシスタント

太田留美(美音)・・・カフェの店員

 

まだ結婚できない男 第7話のあらすじ

 

災難がふりかかる有希江のカフェ

 

信介が事務所へ行くと、桜子が新しい仕事を持ってきていた。

それは店舗デザインの仕事だった。

人の住む家にこだわって設計している信介は難色を示すが、報酬がいいと聞いて態度を変える。

映子の無言の圧力もあり、一度検討することにする。

さっそく依頼人の大島と会うと、調度品をイタリアの有名なB&Bにするのはどうかと言われ、突如としてやる気になる信介。

大島の話もそっちのけで、一人構想を練り始めるのだった。

 

その頃有希江は、カフェの所有者である会社から契約解除を突き付けられ、まどかに相談に来ていた。

会社の社長と対立している専務が、有希江のカフェを作り直したがっているのだ。

まどかは有希江の力になると約束した。

有希江とまどかが一緒にカフェへ戻ると、そこには信介がいた。

カフェことで少し問題があると聞いた信介は、まどかならしっかりやってくれると太鼓判を押す。

褒められても素直に喜べないまどか。

そして二人は各々、新しい仕事へと力をいれるのだった。

 

有希江のカフェの問題に悩む信介

 

信介はレストランの内装のアイデアを良雄からもらい、レストランにカップルシートを作ることに決める。

そのデザインを大島も気に入り、信介のデザインで話が進んでいった。

そんな中大島から店舗の写真を見せられた信介は、その店舗が有希江のカフェであることに気づく。

そして、まどかの言っていた有希江のカフェの問題とはこのことだとわかった。

 

まどかと有希江と早紀は、有希江のカフェで一緒に食事をしていた。

留美が帰ろうと扉を開けると、そこには一人ベンチで佇む信介がいた。

中に入ってきた信介は、おすそ分けだと言ってドンサックのカレー味を取り出す。

戸惑う3人に、ドンサックのカレー味がとれだけ希少価値が高いのかを力説する信介。

何か裏があるのではと怪しむまどかだったが、人の好意は素直に受けるようにと有希江に諭され、3人はドンサックを食べる。

そこで信介はカフェのデザインの話をしようとしたが、話をさえぎられてしまい、結局何も言えないまま帰っていった。

 

まどかから連絡を受けた大島は有希江のカフェに現れ、、有希江にカフェを退去するようにと迫ってきた。

きっぱりと断った有希江をまどかは褒めたたえる。

そして大島が置いていった新しい店舗のデザイン図を見て、そこに信介のサインがあることに気づいた。

怒ったまどかは信介に執拗に電話をするが、信介は一向に電話に出ようとしない。

しかし根負けして電話に出ると、話があると言うまどかに呼び出された。

 

有希江のカフェに向かった信介は、そこでようやく有希江のカフェだとは知らずに仕事を引き受けたことを打ち明けた。

まどかは自分たちでなんとかするからと、信介を無視するように有希江と相談を始めたのだった。

 

大島の黒い噂

 

一方信介の事務所では、英治と桜子が結婚の話をいつ信介にするか密談をしていた。

とっくにその話に気づいていた信介は、二人はいつ結婚するのかと自分から尋ねる。

そして結婚式の相談をしたいという英治を放置し、大島に会いに行った。

大島に会って仕事を断ろうとした信介だったが、逆に大島からギャランティーを5割増しで払うと言う話をされる。

しかしそのうちの3割をキックバックしてほしいと言われ、信介は即答はせずに検討すると言って話を終わらせた。

 

別の仕事で現場に来ていた信介は、棟梁から大島の悪い噂を聞く。

そして大島と会うと、キックバックの件を了承したフリをして、入金先の口座を確認した。

それは以前大島と仕事をしたことのある棟梁が、大島に金を振り込んだのと同じ口座だった。

そして、それは本来の会社の口座とは別口座だということをつきとめる。

キックバックで得た金を流用していると推測する信介に、大島は今度の仕事もなくなると脅すが、元から断るつもりだった信介はそれでいいと言った。

そしてあのカフェがなくなるといかに困るかを、大島に力説するのだった。

 

カフェを守るいい手を思いついたまどかは有希江にそのことを伝えに行くが、そこで逆に問題が解決したことを知らされる。

大島が裏でリベートを受け取ったという内部告発を受け、大島は会社を去ることになったのだった。

これで晴れて有希江はカフェのオーナーになることが決まった。

しかし誰が内部告発をしたのかとお互い首をひねるのだった。

 

正式に店舗の譲渡契約をすませた有希江だったが、その当日どこからか店の看板が届く。

それは信介が有希江のためにデザインした、新しい店の看板だった。

そしてまどか、有希江、早紀の3人でお祝いの乾杯をする中、有希江は信介と好き同士になれる人は実は幸せなのではないかと言い出す。

2人に否定されて有希江も笑いながらそれに同調するが、意味ありげな視線で信介から贈られた看板を見つめるのだった。

 

まだ結婚できない男 第7話の感想

 

金田から着信があるーーー!

今回の一番のツボったシーンです(笑)

まだ交流あるんですね、桑野さんと金田。

そしてまどかさんからの怒りの電話に、死んだ目で「はーい」と答える桑野さんに笑えました。

いや、ほんと、目が死んでましたね。

阿部さん、上手だな~。

 

しかし、前回の「結婚できない男」に比べて、なんか恋愛要素が薄いような気がするんですが・・・。

早紀なんてもはやなんのためにいるのかよくわからないし(^^;)

ようやく有希江さんがちょっと信介に傾いた?感じでしたが、肝心のまどかさんがなんか中途半端な感じなんですよね。

ただ言い合ってるだけで、特に恋愛感情とかが見えないというか。

夏美先生に比べると、お互い「実は好きなんじゃないの?」という感じがあまりない。

 

しかも来週は英治くんの結婚話だし、桑野さんの恋愛は一体いつになったら進むんでしょうか・・・。

ただ来週はタツオの恋が少し進むかも、ですね(笑)

そういえばタツオも出番が少ないな~。

早紀の影が薄いから仕方ないのかな。。。

 

 

前作を一気に観たいならAmazon プライムビデオが便利!! 

30日無料トライアルに申し込む

 

【PR】

見逃し配信はこちら 一か月無料トライアルで最新話をチェック!

 
 

「しまじろうのわお!」の英語版が観られる!|Amazon Prime Videoはとってもお得だった

f:id:ushasha77:20191121190731j:plain

 

子供に人気の「しまじろうのわお!」ですが、その英語版があるのをご存知ですか?

実はAmazon Prime Videoで「じまじろうのわお!」の英語版が配信されているのです!

しまじろうの英語バージョンはどんな感じなのか、それを観た子供の様子などをまとめていきます。

 

 

しまじろうのわお!英語バージョン

 

現在Amazon Prime Videoで配信されている英語の「しまじろうのわお!」は13話までです。

日本語版の「しまじろうのわお!」のアニメ部分のみの配信です。

そのため1話は10分くらいと短いです。

字幕はついていないので、なんて言っているのか聞きとれないことも・・・(^^;)

とは言え、もともとが子供向けアニメなので、英語のフレーズ自体はそこまで難しいものはでてきません。

多少英会話ができる人なら簡単だと思います。

が、多少のフレーズがわかる程度の私には聞きとれないところもたくさん(笑)

しかしアニメなのでなんとなく内容はわかるし、日本語バージョンのアニメを覚えている人ならば、なんて言っているのかも大体わかると思います。

ちなみにAmazon Prime Videoでは日本語バージョンも配信しています。

見比べてみると面白いかもしれないですね。

 

声優さんは全員ネイティブ

 

英語バージョンの声優さんは全員ネイティブの声優さんたちです。

そのため、キャラたちの声はだいぶ変わります。

しかしオリジナルの声優さんにあわせて演じているので、しまじろうたちメインキャラは雰囲気がだいぶ似ています。

特にしまじろうはオリジナルと声が似ているので、そこまで違和感がありません。

とりっぴー、みみりん、にゃっきぃあたりは、子供によっては拒否反応を起こすかも?

うちの子は全く気にしてませんでしたが。

しかしメインキャラ以外のキャラはかなり違和感があります。

しまじろうのお父さん、お母さんはだいぶ違います。

中でも私が一番違和感をもったのが、ガオガオさんとしかこ先生。

特にガオガオさん、声がかっこよすぎ!!(笑)

ものすごいダンディーな声で、ちょっぴり抜けてるガオガオさんのイメージとはちょっと違うかなー、という感じです。

あとしかこ先生は、日本語版だととても可愛い声なんですが、英語版だと結構ハスキーな声。

 

こんな感じで声はみんな違うので、慣れるまでに時間がかかる子もいるかもしれません。

でもネイティブの声優さんたちなので、発音はもちろんキレイです。

 

英語版「しまじろうのわお!」を観た子供の様子

 

長女のうしゃこちゃんは、もともと英語が大好きです。

そしてしまじろうも大好きです。

そんな相乗効果で、しまじろうの英語版はものすごいお気に入りです(笑)

13話しかないのですぐに観終わってしまうのですが、もう何回観ていることか。

もちろんテレビで現在放送している「しまじろうのわおっ!」も大好きなんですが、この英語版と代わる代わる観ている状態です。

 

また、しまじろうたちのマネをして英語を(なんとな~く)しゃべっていることもあります。

と言ってもそんなに長い言葉はマネできないので、短くて言いやすいものだけですけど。

一番のお気に入りは、はなちゃんの「Momi, bad!」です。

日本語だと「ママ、めっ!」ですね。

それが気に入ってよくマネしているのですが、何もしていないのにbadと言われる私はなんとなく複雑ですけどね(^^;)

 

まとめ

 

別に「しまじろうのわお!」を英語で観たからと言っていきなり英語が話せるようになるわけではありませんが、しまじろうが好きな子で、普段から英語を定期的に聞かせたいと思っているのなら、英語バージョンの「しまじろうのわお!」はおすすめです。

親のほうも簡単な一言フレーズとか、こういう時はこう言うんだ、というのがわかっておすすめ。

親子で一緒に観ると楽しいですよ♪

 

またAmazon Prime Videoではしまじろうの映画の英語バージョンも配信されています。

他にもAmazon Prime Videoオリジナルのしまじろう番組もあって、しまじろう好きにはかなりおすすめ!

他にも子供向けの英語番組が色々あるので、結構使えます。

お金はかかりますが、月額500円なので他の配信サービスよりかなりお得!

一年一括払いだとさらに割安になります。

30日間は無料でお試しできるので、この機会に一度試してみてもいいかもしれませんね。

 

 

しまじろう観るならAmazon プライムビデオが便利!! 

30日無料トライアルに申し込む