子育て笑い話

長男(うしゃお)と長女(うしゃこ)の二人を育児中の主婦です。子育て中のお悩み解決×おうち英語の情報を綴っていきます

ブックオフでみどりっちが100円で売っていた! | ブックオフの買い取り価格に釈然としない件

f:id:ushasha77:20190930191241j:plain


家に子供がいるとこまごまとしたおもちゃやら何やらが際限なく増えていきますよね。

そんな時我が家で利用するのがブックオフです。

捨てるのはちょっともったいないけど置いといても使わないし・・・というものは、ブックオフへ持ち込んで売ってしまいます。

とは言え、ブックオフの買取価格の安さは折り紙付き。

はっきり言って「別に捨ててもかまわない」レベルのものでないとその買取価格に愕然としてしまいます。

この前も家にある大量のぬいぐるみを処分しに行ったのですが、なんとも釈然としない思いをしました。

 

なんでも一律10円

 

今回持ち込んだぬいぐるみには結構いい物も混じっていました。

ディズニーやジブリのキレイな新品同様のぬいぐるみが何点もあったんです。

おそらくちゃんとしたおもちゃ買取専門店で見てもらえばそれなりの値がつくと思います。

しかも結構大きな数千円ぐらいするやつ。

まあ、みんなもらいものなんですけど。

そんな、見るからにいいぬいぐるみと、ユーフォーキャッチャーでとりました~的な小さなぬいぐるみが数点。

こちらはだいぶ古いので一応洗濯してきれいにしてから売りに出しました。

まあ、こっちの小さいのは10円くらいだろうな、と思って行ったんですが・・・査定の結果、全部一律10円!

嘘でしょ!?

なんであの古くて小さいぬいぐるみと新品で大きなぬいぐるみが同価格なの!?

絶対中身なんか見てないと思いますね。

ぬいぐるみの数しか数えてませんよ、絶対。

しかし売り場を見ると私が売ったような大きめのプーさんのぬいぐるみとか900円くらいで売ってるんですよね。

本気で釈然としない・・・。

もともとブックオフの買取価格はひどいものでしたけど、以前にも増してひどくなった気がします。

だいたい「こちら買い取れませんので処分いたします」って言われたものでも平然と売ってたりしますからね。

このように売り手からすると損する以外の何物でもないブックオフですが、買う側からするととてもラッキーなことがしばしばあったりします。

 

フリマで人気のいろっち発見!

 

ベネッセのこどもチャレンジのキャラに「いろっち」というものがあります。

色々な色をしたマトリョーシカで、子供たちから絶大な人気を誇っています。

そんないろっちも最近ではリニューアルしてしまい「いろっぴ」という違う鬼のようなキャラクターになってしまい、いろっち好きの私としてはちょっと悲しかったりしたものですが。

そんないろっち、実はフリマやオークションでも人気で、500円から1500円くらいで売買されていたりします。

なんとそんな人気者のいろっちである「みどりっち」がブックオフで108円で売られているではありませんか!!

見つけた時は思わず「みどりっちがいるよ!」と旦那くんに叫んでしまったくらいです。

我が家ではもともといろっちは持っているのですが、みどりっちだけ顔がはげてしまってずっと気になっていたんです。

それがこんなところで顔のキレイなみどりっちに出会えるなんて!!

即買いしました(笑)

持ってみるとどうやら中にはきちんとくろっちとしろっちも入っている感じ。

いやー、3体セットで10円で売るなんてもったいない。

とは言え、私もフリマやらオークションやらは面倒でなかなか手を出せないので、ブックオフで売り払ってしまう気持ちもよくわかるんですけどね。

 

このように、ブックオフではたまにものすごい掘り出し物が隠れていたりします。

以前はクロネコヤマトトミカが108円で売られていました。

ヤマトのトミカは非売品で、ヤマトメンバーになってポイントをコツコツ貯めないともらえない、かなりのレアアイテムなんですよね。

現在ではこのプレゼントもやっているかどうかわかりませんが。

とにかく、欲しい人からしたら100円でこんなレアもの見つけたらものすごくラッキーです。

 

まとめ

 

今回は今まで以上に釈然としないブックオフの買取価格でしたが、みどりっちが手に入ったことで、まあイーブンかな、と思えました(笑)

売るにはおすすめしませんが、ブックオフのおもちゃ売り場には意外なレアものも安く混じっているので、じっくり眺めてみると面白いですよ。