子育て笑い話

長男(うしゃお)と長女(うしゃこ)の二人を育児中の主婦です。子育てのことや好きなドラマの話題など綴っていきます

大河ドラマ【麒麟がくる】第10話の感想

麒麟がくる】第10話の感想や口コミをまとめます。

 

ひゃっほーーーい!更新最高記録!(最低記録だ)

やばいやばい、ついに感想を更新せぬまま次回に突入か!?

と焦りましたが、なんとか書けました。

 

前回まではまだいまいちなじめなかった信長ですが、いやいや、どんどんハマってきましたよ~。

何考えてるのかわからない顔がいいですね。

しかし、あの仏さまがこんなヤバい人間になるとは・・・(←しつこい)

というわけで、さっそく10話の感想にまいりますー。

 

前回の感想はこちら

 

www.cutepink.work

 

 

パワハラ被害が常習化してきた光秀くん

 

 

ほんと、もはやこれコントですよね(笑)

私も光安が殿の愚痴を言い出すと「さあ、次はどんな手の平返しだ~?ワクワクww」とするようになってきました。

そして無理難題を押しつけられて怒る光秀くん。

まだまだ青くて可愛い。

もはや光秀くん、忍びに転向しては?なんて思うほどの諜報員ですよね(笑)

 

承認欲求ハンパないわ~!

 

しかし信長の「みんなに喜ばれるのが嬉しい」という言葉。

もう、自分を認められたくて仕方がない、という気持ちがひしひしと。

 

 

両親から褒められないで育つとこうもこじらせてしまうのか・・・我が家も気を付けよう・・・などと、ちょっと親目線で観てしまいました(^^;)

でも回を重ねるごとに信長の存在感が増してきますね。

 

 

私も最初は「ええええ~!?ブッダが信長~~~~!?」(←だからしつこい)と思ってたうちの一人なんですが、だんだん信長のとりこになってきているというこの不思議な現象。

ほんと、ただの馬鹿じゃない感がものすごいあふれてますよね。

何を考えているかわからない不気味さがものすごいです。

ただ、竹千代の父親を殺したという理由で将棋の相手を断ったシーンは、信長の隠れた優しさが見て取れたような気がします。

 

そして竹千代

 

そう、そして竹千代との将棋の場面ですよ!

竹千代って何歳?え、6歳?

うちの9歳児、いまだに「ママ~、ママ~」なんですけど!(外では悪ぶる)

戦国時代の6歳、ヤバいっすね。

いやいや、家康だからこうなのか。

 

 

まあ、本当のところはどうだか知りませんが、確かにこのくらいの神童でなければあの江戸幕府の基礎を築くなんてできませんよね。

今回の竹千代くんは顔も可愛いだけに、ゾクゾク感増量ですね。

 

駒ちゃん、やっと事実に気づく!

 

今回も涙なしには見れなかった駒ちゃん!

自分の命の恩人がなんと十兵衛さまのお父上だとようやく気づく。

あああ~、もう、なんか色々、アレだよね!!(語彙力少なすぎてすみません)

いや、もうなんか言葉に表せない気持ちじゃないですか!?

でも、意外と駒ちゃん嫌いな人多いんですね。

 

 

まあ、駒が嫌いというよりは「光秀パートが短くなるからあの場面いらない」って人が多かったんですけどね。

私は駒ちゃんパートも好きですよ~~~~。

そしてあのバク宙には驚きましたよ!

 

 

てっきり綱渡りするだけかと思ったら!

いやびっくり。

 

やっぱり銃が似合うハセヒロさん

 

信長にどこの銃が当ててみろといわれ、扱いなれた手で銃をかまえる光秀くん。

もう、似合う!!

ハセヒロさんにははやり銃!(物騒な)

 

 

でもかまえてる姿がかっこよくて~~~vvv

そしてまた、ちょっと見ただけで誰が作ったか言い当ててしまう有能さも素敵。

その有能さが仇になる光秀くんだけど、やっぱり素敵。

信長にもだいぶ気に入られたようなので、次回から楽しみです。

 

まとめ

 

今回は題名通り、主役は信長と竹千代でしたね。

結局光秀くんなかなか出てこないし(笑)

そして少しずつ出番が少なくなる道山ですが、数分の出演でも絶対的な存在感なのはさすが!

最近私の中では道山は笑いパートになっていますすがww

 

さ~て、来週の光秀くんは~!?

題名が「将軍の涙」なので、将軍さまが主役の回になりますかね。

久々の将軍さま、登場です。

麒麟がくるの足利将軍は、けっこういい人に描かれてますよね?

しかし次回もあっちへこっちへと忙しく動かされる光秀くんのようですが、主役とはいえこの翻弄されっぷりに可哀想になります(^^;)