子育て笑い話

長男(うしゃお)と長女(うしゃこ)の二人を育児中の主婦です。子育て中のお悩み解決×おうち英語の情報を綴っていきます

大河ドラマ【麒麟がくる】第9話の感想

麒麟がくる】第9話の感想や口コミをまとめます。

 

もはや恒例となりつつあります、1週間おくれ(^^;)

なんとか次の回が始まるまでには書くぞ!

と、ぬる~い目標を抱きつつ書いていきます。

 

前回は切ない恋模様。

そしてついに信長に嫁いだ帰蝶

さてさて、今回はどうなるか。

適当~に感想をつづっていきますよー。

 

前回の感想はこちら

 

www.cutepink.work

 

主役はどこだ!?

 

なんと言っても今回思ったのが「光秀の影薄っっ!」ってことでした(笑)

始まってから半分くらい信長パートじゃありませんでした?

もはや主役が信長という。。。

光秀くん出てきた時は「やっと出たーーー!」と安堵したものです。

やはり光秀を描くにあたって、信長もある程度は主役級に目立つのは仕方ないことですけどね。

 

信長、ヤバいぞ

 

それにしても今回の信長はいまだにちょっと慣れません。。。

イメージとどうも違って~~そしてどうしてもブッダが離れなくて~~~(笑)

前回よりはちょっと慣れたかな、とは思うのですが。

それにしても笑顔で広忠の首を差し出す信長がヤバい奴なんですけど。

そして父親に怒られ「褒めてもらえると思った」とキョトン顔。

ヤバい!こいつヤバいよ!!

と思ったのは私だけではないはず。

 

 

いまだにまだ慣れはしないのですが、なんというかヤバい信長が楽しみでもあります。

光秀が仕え初めてからどう変わっていくのか・・・楽しみでもあり、恐ろしくもあり。

しかし帰蝶とはなんとなく「同志」という感じでいい雰囲気ですね。

 

菊丸の正体、明らかに!

 

そして今回、ついに菊丸の正体が明かされました。

 

 

徳川に使えてる忍びだったようですね。

しかしこれが服部半蔵なのかどうかはいまだ不明。

服部半蔵と言えば真田丸の「押し通る!」がいまだに思い出される私でありますが、伊賀越えは本能寺の後なので今回は「押し通る」の出番はなさそうですね。

 

 

もうほんと、この時の服部半蔵と内野さん家康のコンビは最高でした(笑)

 

うまくいかない見合い話

 

て、光秀と熙子をひそかにつっくけようと遠回しな見合いを画策していた光安。

しかし光秀は避けを勧められ、山の話をして帰ってきます。

「ダメだ、こりゃ・・・」という顔の叔父・母コンビの顔が笑えましたね。

 

 

しかし周囲がなんだかんだと世話をやかなくても、光秀の中には熙子の存在が根付いたようで。

花びらを見ながら熙子を思い出す光秀が美しかったです(^^)

そして木村文乃さんの熙子、清楚~な感じで私は好きでした。

これから熙子にも様々な苦難が待ち受けているんですね・・・。

しかしまさか小さい頃に熙子にすでにプロポーズしてたとは!?

 

 

今も昔もまったくその気なく女を落とす光秀くん。

小さい頃からその才能があったのですね(笑)

 

まとめ

 

さあ、ようやく熙子が出てきて光秀の結婚話も進むか!?

信長の出番も増えてきて、どんどんと面白さが増してきました。

次回は竹千代を中心に各国の思惑が動きだしますね。

光秀も信長と再会。

そして駒ちゃんと同じくオリジナルキャラとなるオノマチさんの登場!

どんな演技を見せてくれるのか、楽しみです(^^)