子育て笑い話

長男(うしゃお)と長女(うしゃこ)の二人を育児中の主婦です。子育てのことや好きなドラマの話題など綴っていきます

大河ドラマ【麒麟がくる】第8話の感想

麒麟がくる】第8話の感想や口コミをまとめます。

 

2回続けてほぼ一週間遅れ・・・。

どうしてもすぐには観れない私。。。

前回は帰蝶の嫁話が持ち上がりましたが、今回はそれに決着が?

駒ちゃんと光秀はどうなるのか?

恋愛模様が気になる第8話の感想を好き勝手に書いていきますよー。

 

前回の感想はこちら

 

www.cutepink.work

 

 

潜入バレない!?

 

初めて信長に会った光秀。

まじまじと観察。

それはもうまじまじと(笑)

明らかに不審人物ーーーー!

 

 

ほんと、私もいつ不審者として尋問されるかとヒヤヒヤしちゃいましたよ(^^;)

まあ、信長も何か感じたような気配でしたけどね。

しかし今のところどうしても信長がブッダさまにしか見えない私(笑)

 

大喜びの道山

 

帰蝶が嫁に行くと決めた時の道山の喜びっぷりったら(笑)

おいおい、先週の情やらなんやらの話はどこいった?って感じですよね。

 

 

やっぱりこの場面はみんな笑えたようで。

特にあの袖パタパタがなんとも言えませんでしたよね。

可愛いすぎでしょ、道山。

つーか、親子の想いとかそんなもん、まったくないだろお前、と突っ込みたくて仕方ありません(^^;)

 

切ない三角関係

 

今回は帰蝶の光秀への想いと駒ちゃんの光秀への想いがしっかりと描かれましたね。

今までは「好きなんじゃないの?」とほのめかす程度だったのが(駒ちゃんはだいぶ好き好き光線出てたけど)、今回ははっきりとお互い光秀に想いがあると打ち明けました。

そして、いとこ以上の想いがないと思っていた光秀の帰蝶への想い。

自分でもその想いに気づいていなかったところ、駒ちゃんに図星をつかれる。

そして、光秀が帰蝶を好きならあきらめもつくといった感じの駒ちゃんの笑顔。

・・・おおおおおおお、切ない!!

三者三様、切ないよ!!

帰蝶への想いもあるけど、駒ちゃんへの想いも残してる光秀。

最後にお手玉をするシーンがもう、なんとも言えませんでした。

 

 

いや、ほんともう、こっちまで好きになっちゃうって!

今回はそこらの恋愛ドラマなんかよりもずっと切ない人物描写でした。

 

誰にでもはっきりモノ申す!

 

光秀、道山だけでなく守護さまにまで物おじしません。

が、この実直なところが先々の悲劇を巻き起こすのか・・・とも思ってしまいます。

 

 

そう、そして高政ともだんだんと距離が出てくるのが、また悲しい。

今までの二人の友情を観ているので、さらに切なくなってしまいますね。

 

まとめ

来週はついに熙子さま登場ですね!

光秀には側室がいた、という確かな記録が残っていないので正室だけを愛した愛妻家、というイメージもあるのですが、この時代に側室がいないというのも珍しいことで。

側室がいてもおかしくはないんですよね。

この大河ではそのあたりどう描かれるんでしょうね?

そして菊丸の正体が明らかに!?

予告を見る限り、やっぱり只者ではなかったんですね、菊丸。