子育て笑い話

長男(うしゃお)と長女(うしゃこ)の二人を育児中の主婦です。子育て中のお悩み解決×おうち英語の情報を綴っていきます

【まだ結婚できない男】第3話 ネタバレ・あらすじ・感想

まだ結婚できない男の第3話が放送されました。

話のあらすじや感想などをまとめていきます。

 

その他のあらすじはこちら

第1話  第2話  第4話

 

 

主なキャスト

 

桑野信介(阿部寛)・・・一級建築士

村上英治(塚本高史)・・・信介の共同経営者

吉山まどか(吉田羊)・・・弁護士

岡野有希江(稲盛いずみ)・・・カフェの雇われ店長

戸波早紀(深川麻衣)・・・信介の隣人

桑野育代(草笛光子)・・・信介の母

中川圭子(三浦理恵子)・・・信介の妹

中川良雄(尾美としのり)・・・圭子の夫

中川ゆみ(平祐奈)・・・信介の姪

横田詩織(奈緒)・・・建築事務所アシスタント

丸山裕太(荒井敦史)・・・建築事務所アシスタントk

沢村映子(阿南敦子)・・・建築事務所経理

森山桜子(咲妃みゆ)・・・住宅プロデュース会社

棟梁(不和万作)・・・大工の棟梁

山下香織(小野寺ずる)・・・まどかのアシスタント

太田留美(美音)・・・カフェの店員

 

第3話のあらすじ

 

殺人事件騒動

 

信介が自宅にいるとまた隣から女の大きな声が聞こえてきた。

「あいつを殺せって言うの!?」という物騒な言葉に、信介は壁に耳を当てて聞き耳をたてる。

すると明日の夜に青酸カリで人を殺すという殺人計画が聞こえてきた。

 

翌日まどかの弁護士事務所へ行った信介は、そこで昨日の隣人の殺人計画の話をする。

驚いてどうにかしようと悩むまどか。

そこへタイムリーに仕事がらみの刑事から電話が入る。

まどかはその刑事に信介から聞いた話を相談する。

止めようとする信介だったが、話を進めてしまうまどか。

 

有希江のカフェで刑事と会う信介とまどか。

そこで信介は、隣人の殺人計画はおそらくセリフであると話す。

何回も同じセリフを言い、何回も同じところで噛むという理由からだった。

刑事も「セリフですね」と納得する。

刑事が帰った後に「私をからかったんですね!?」と怒るまどかに、信介は「この計画が実現不可能だと気づくかあなたを試したんです」とまた自論を展開する。

 

パグ犬のタツオと初めてのスクープ

 

まどかと信介が車で移動していると、途中で困っている様子の早紀と出くわす。

声をかけると飼っている犬のタツオがいなくなったと言われる。

一緒に犬を探すまどかと信介。

すると信介は一匹のパグ犬を発見。

タツオ」と呼ぶも反応のない犬だったが、「ケン」と呼ぶと振り向いた。

信介はこの犬がケンの生まれ変わりだと思う。

そこへ駆けつけるまどかと早紀。

昔弟の金魚の世話をしたら全部死んでしまったと言う早紀に、信介とまどかはタツオに心配そうな目を向けるのであった。

 

事務所に戻った信介は英治たちと早紀の話で盛り上がる。

そこへ「困ったことになった」と入ってくる桜子。

英二の作った家のお客さんが、注文した家と違うから返金しろと言ってきたと言う。

困った英治は信介に助けを求めるも断られる。

自分でなんとかする、と言いつつも、結局はまどかに相談しようと決める英二だった。

 

いつものジムとコンビニに寄った帰り、タツオを散歩中の早紀と出会う。

嫌がるタツオの様子に、首輪がきついと指摘する信介。

二人が一緒にマンションへと向かう途中、一人の男がまどかへと詰め寄ってくる。

それはまどかの元カレで、まどかはしつこくされて困っていた。

そこでまどかは信介を彼氏だと偽り、信介もその嘘にのってあげた。

 

後日、早紀と一緒に週刊誌にスクープされる信介。

信介は周りからなんだかんだとからかわれ、うんざりしてしまう。

まどかに「肖像権の侵害だ!」と訴えるも、何もできることはないと言われる。

同じ頃、早紀もマネージャーからどうにもならないと言われていた。

そのマネージャーとセリフの読み合わせをするが、マネージャーのあまりの下手さに意気消沈する早紀。

 

セリフの読み合わせと演技指導

 

信介が家に帰ると部屋の前で早紀と遭遇した。

そこでセリフの読み合わせの練習に付き合ってほしいと言われる。

一度は断った信介だったが、結局付き合ってあげることにする。

夜中に早紀の部屋にあがるのはまずいと思い、有希江のカフェを借りて読み合わせをすることに。

すると閉店後にも関わらずまどかと英二、桜子がやってくる。

彼らはクレームをいれてきた客への対応を話し合うために来たのだった。

信介たちがセリフの読み合わせをすると聞いて、見たがる英二たち。

仕方なくみんなの前で読み合わせをするが、早紀の演技に納得ができない信介。

自分の演技論などを早紀に伝える信介だったが、早紀は話がまったく理解できずに泣き出してしまう。

女優を辞めたほうがいいのかな、と悩む早紀に「なら辞めろ」と吐き捨てる信介。

しかし、「誰にでも仕事を辞めたいと思うときはある。でもそこで踏みとどまれたら本当の第一歩だ」と言う信介に、早紀だけなく英二たちも心をうたれる。

そして仕事に悩んでいた英二も早紀も、もう一度頑張ろうと決意した。

 

まどかはカフェを出て行った信介を追いかけ、さきほどのセリフに感動したことを伝える。

そこでまどかは自分も仕事を辞めたいと思ったことがあると言うが、信介の先ほどのセリフは自分の経験からではなく単なる口からでまかせだったと知る。

 

信介が自宅へ帰りベランダで牛乳を飲んでいると、隣との壁の隙間からタツオが体を半分出して自分を眺めていた。

微笑んで「死ぬなよ」とつぶやく信介なのだった。

 

まだ結婚できない男 第3話の感想

今回は早紀がメインのお話でしたね。

そのせいか、まどかとの毒舌バトルがいつもよりも少なかったような?

有希江さんの出番なんかほとんどありませんでしたね(^^;)

しかし今回はケンの生まれ変わり(笑)のタツオがたくさん出てきて嬉しかったですねー。

どうやらすでに桑野さんになついている様子。

これからもたくさん出てきて癒してほしいものです。

何気に今回のツボは、コンビニのおじさんが仕事に慣れてスムーズにレジ打ちをしていたこと。

それを優しい微笑みで見つめる外国人の店員さんと桑野さん。

なんかほのぼのしました。

あと、なんといっても金田の本!

金田、さすがにもう出演は無理でしょうが、まさかこんな形でカムバックするとは!

「金田~!」と叫んでしまいましたよ。

本のタイトルから、今は田舎に住んでいるんですかね。

 

前作ネタをちょこちょこと取り入れてくる「まだ結婚できない男」。

これからも前作の登場人物たちが姿を表してくれるのを期待しています♪

 

 
 前作を一気に観たいならプライムビデオがおすすめ!!

30日無料トライアルに申し込む

 

【PR】

見逃し配信はこちら 一か月無料トライアルで最新話をチェック!