子育て笑い話

長男(うしゃお)と長女(うしゃこ)の二人を育児中の主婦です。子育て中のお悩み解決×おうち英語の情報を綴っていきます

【グランメゾン東京】第9話 あらすじ・ネタバレ・感想

グランメゾン東京 第9話のネタバレ・あらすじ・感想です。

 

グランメゾン東京 第9話が放送されました。

 

尾花と京野さんの関係がこじれてしまった前回。

でも最後には仲直り、尾花の師匠にも味を認めてもらいめでたしめでたしでした。

しかし祥平くんに迫る魔の手!?

怪しげな動きをする栞奈の書体とは!?

 

そんなグランメゾン東京 第9話のあらすじや感想をまとめていきます。

 

その他のあらすじはこちら

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第10話 第11話

 

 

主要キャスト

 

尾花夏樹(木村拓哉)・・・グランメゾン東京のスーシェフ

早見倫子(鈴木京香)・・・グランメゾン東京のシェフ

京野陸太郎(沢村一樹)・・・尾花の元同僚、グランメゾン東京のギャルソン

平古祥平(玉森裕太)・・・尾花の元部下、一流ホテルの最年少料理長

相沢瓶人及川光博)・・・尾花の元同僚、人気web料理研究家

丹後学(尾上菊之助)・・・尾花の元同僚、レストラン「gaku」のシェフ

江藤不三男(手塚とおる)・・・レストラン「gaku」のオーナー

芹田公一(寛一郎)・・・グランメゾン東京のバイト

久住栞奈(中村アン)・・・フリーのフードライター

リンダ・真知子・リシャール(冨永愛)・・・「マリ・クレールダイニング」の編集長

松井萌絵(吉谷彩子)・・・ホテルブッフェのパティシエ

蛯名美優(朝倉あき)・・・祥平の婚約者

 

グランメゾン東京 第9話のあらすじ

 

新しい料理と新しいワイン

 

京野と暮らすようになってからも、倫子の家で食事を作る尾花。

朝食ミーティングも兼ねて、尾花と倫子と京野は3人で朝食をとることになる。

その席で、栞奈が今月いっぱいで店を辞めたいと申し出てきたことを京野から聞かされる尾花と倫子。

栞奈はもともとフードライターの勉強として、短期間だけ働かせてほしいという約束だったのだ。

栞奈の履歴書を見て、尾花は何かに気づいた。

 

開店前のミーティングで、倫子は三ツ星に向けて特別なことをするつもりはないが、コースメニューだけは大幅に変えることをみんなに知らせた。

そこで尾花が、メニュー以外にもワインも変えたいと言い出す。

日本の食材に合わせて日本のワインを出したいと言うのだ。

ソムリエの資格を持っている京野だったが、外国で勉強をしたため日本産のワインの知識が乏しかった。

そこで尾花は、同じくソムリエの資格を持っている栞奈に声をかける。

最後に本気出して、と言う尾花に栞奈は了承する。

しかし栞奈はリンダからグランメゾン東京をつぶすように密命を受けていた。

 

その頃gakuで料理に没頭していた祥平だったが、フランス大使館から3年前の事件について話を聞きたいとフェルナン・文則がやってくる。

丹後は祥平にはなんの関係もないとかばう。

しかし文則は祥平が犯人であるという情報を得たと言う。

はっきりした証拠がないのなら引き取るようにと言う丹後に、文則は帰っていった。

その様子を見ていた丹後と祥平は江藤に呼び出される。

そこで本当に犯人じゃないのかときかれるが、祥平は犯人ではないとうなずいた。

そして丹後は、この世界にいたければ絶対に本当のことは言うなと祥平に念を押すのだった。

 

ノロウイルスで倒れる萌絵

 

グランメゾン東京ではワインの試飲会が開かれていた。

そこで尾花たちはひとつのワインを気に入り、そのワインを主役とした料理を作ることにする。

そんな時、トイレから出てきた萌絵がいきなり倒れてしまう。

混乱の中、栞奈が落としたバッグから怪しい小瓶が出てくるのを見た相沢は栞奈を怪しむ。

 

萌絵はノロウイルスにかかっていた。

病院からリンダへ電話で報告する栞奈。

感染の広がりが見られないうちは保健所には知らせないという病院の方針に、リンダは店側が隠ぺいしたとリークすればいいと言った。

その電話の最中、相沢から声をかけられ、あわててごまかす栞奈。

相沢の疑惑はさらにふくらんだ。

 

倫子の家でこれからの対策を練る一同。

食材に問題があった可能性もあると言う尾花に、試飲会で出た生ガキを思い浮かべる倫子。

その生ガキを仕入れたのが栞奈だと知り、相沢は栞奈が生ガキにおかしなものを仕込んだのではないかとみんなに話す。

考え込む一同だったが、尾花はそんなことの前にやることがあると言った。

 

お客さまのためにできることを

 

翌日栞奈が店に行くと、グランメゾン東京は臨時休業をしていた。

倫子たちは自ら保健所に知らせ、店の食材を徹底的に調べてもらうとともに、店中の消毒をしていた。

京野は最近来店した客のもとへ一人一人事情を話しに出向いていた。

驚く栞奈に、尾花が言い出したことだと言う相沢。

そんな栞奈に、尾花は店が休みの間に連れて行ってもらいたいところがあると言った。

 

尾花と倫子は栞奈に案内され、気に入ったワインのワイナリーへ訪れた。

そこでブドウやワインの説明を熱心にする栞奈。

店では見せたことのないような楽し気な様子に、倫子は思わず笑みを浮かべる。

そして改めてワインを試飲し、ますますそのワインを気に入り、栞奈も喜ぶのだった。

 

倫子たちが店に戻ると、そこへ京野も戻ってきた。

京野の調査の結果、客からは誰も感染者が出ていなかった。

逆にこんなにしっかりと対応してくれるなんて、と客から感心された話を聞いて喜ぶ倫子。

これでようやく新作に取り掛かれると言う尾花に、相沢は時間もないから手分けをしたほうがいいと言う。

栞奈のことを怪しんでいる相沢は、シェフはひとつの料理を見るより全体を見ていたほうがいいのではないか、と倫子に言うのだった。

 

尾花はワインを引き立てる前菜に試行錯誤していた。

店の誠実な対応によって騒動がおさまりそうだと知ったリンダから、もう一度なんとかしろと言われていた栞奈。

みんなが忙しく仕事をする中、例の小瓶を取り出して悩む様子を見せるのだった。

 

犯人ではなかった栞奈と犯人だと認めた祥平

 

一方その頃、祥平もリンダに呼び出されていた。

京野と祥平の話を聞いた人間がいると言われた祥平は、脅すようなことを言うリンダに、素直に自分が犯人だと白状した。

そしてグランメゾン東京には何もしないでほしいと頭を下げて立ち去る。

その会話を録音していたリンダは、その証拠音声を文則へと渡した。

 

グランメゾン東京では、尾花がようやく新しい前菜を完成させていた。

京野は保健所へと行っていたが、その帰り道、祥平から電話があった。

リンダに自分が犯人だと告白したことと、尾花が誰かをかばっていると京野に話した会話がもれていたことを聞かされる。

祥平から店にスパイがいるかもしれないと言われた京野は、改めて栞奈の履歴書を見て何かに気づいた。

 

急いで店に戻った京野は、栞奈に謝る。

栞奈の父親と3年前の昼食会で会っていたことを思い出したのだ。

3年前外務省の秘書官だった栞奈の父親は、昼食会の場所の選定を担当していた。

しかしアレルギー事件が起こり、責任をとらされて僻地へ飛ばされてしまったのだ。

復讐のために萌絵にノロウイルスを食べさせたのかと言われ、栞奈はそれを肯定して出ていこうとする。

しかし尾花に試作品を食べていけと言われ、仕方なく食べることにした。

試作品を食べた栞奈は料理を酷評し、ワインのためには料理をどうしたらいいかのアドバイスをする。

栞奈はワインがいつも料理の引き立て役になっていることに憤慨していた。

そして以前、尾花が作ったワインが主役になる料理を食べて感動し、昼食会にエスコフィーユを自信をもって勧めたのだ。

そして京野は、保健所からの検査の結果で、食材のどれからかもノロウイルスが出なかったことをみんなに告げた。

栞奈は何もしていなかったことがわかり、疑ったことを謝る相沢と芹田。

そして倫子は栞奈に正式なソムリエールになってほしいと頼み、栞奈はそれを受け入れた。

 

栞奈のことは解決したが、祥平のことが心配だと京野から事情を聞いた尾花。

リンダを呼び出して会うと、3年前の事件の犯人が祥平であることをマリ・クレールに書くと言われる。

一方gakuでも祥平が犯人だということがバレ、祥平は店を辞めていた。

尾花はそのまま祥平の家へと向かい、グランメゾン東京へ来いと言うのだった。

 

グランメゾン東京 第9話の感想

 

ずっと怪しい動きをしていた栞奈の正体がようやくわかりました。

お父さんがアレルギー事件で左遷されちゃったんですね。

でも料理を思う気持ちが復讐心に勝った!ということでしょうか。

終盤にきて完全な仲間になれたようで良かったです。

そして富士山の麓で作らていたのは、山梨県産のワイン!

山梨のワインは本当においしいよ~、みんな飲んでみて~!

 

それにしても受難続きの祥平くんですが、すでに準主役ですな。

主役より波乱万丈じゃない?(^^;)

それにしても疑問なのが、初回あたりは祥平くんって尾花のことボロクソに言ってましたよね。

下手に尾花のことをかばうと、自分が犯人だと知られるからわざと嫌っている様子を演じていたってことでしょうか?

でもそれって尾花に全責任おしつけて逃げてたってことですよねぇ。

なんか、ひどくね!?(笑)

それだけ尾花のせいにして逃げてたのにいきなり改心するかな~とかね、色々と思うところはありますが。

祥平くんもグランメゾン東京の仲間になったならそれでよし!(いいんか)

でもまだ来週も一波乱ありそうですね。

 

それにしても、あと二回?で三ツ星を取るのはさすがに無理だろうと思うのですが。

あとワンクールくらいやってほしいものです。